“ジブリの生き字引”が語る宮崎、高畑、鈴木の素顔

投稿日: 2016年07月15日 06:00 JST

image

『風の谷のナウシカ』から、最新作『レッドタートル』まで。スタジオジブリ設立30年間の歩みを体感できる特別企画「ジブリの大博覧会」が東京・六本木ヒルズで開催中だ。ポスターなどの広告宣伝物や企画書など、貴重な未公開資料が展示されている。

 

そこで今回、「ジブリの生き字引」といわれ、バラエティ番組やジブリ関連のイベント時に登場する知る人ぞ知る有名人、ジブリ入社23年目の制作業務部部長の“野中くん”こと野中晋輔さんが“ジブリの重鎮”3人の素顔をこっそり教えてくれた。

 

■宮崎 駿 監督(75)

 

「規則正しい生活を送り、サービス精神が旺盛。来客があると、時に自分で豆をひき、コーヒーを入れて出したりと、そういったサービス精神が映画にも表れている気がします。怒るときはめちゃくちゃ怒り、優しいときはすごく優しい。多面的な人ですね。あとはせっかちなところがあります。即断即決という感じが。そこは高畑さんと違うところでしょうか。自分でも『町工場の工場長だ』と言っているんですよ」

 

■高畑 勲 監督(80)

 

「高畑さんというと、理詰めでものを考える人。頭の回転が速い人。まっさきにこれらが思い浮かびます。考え抜く人です。あと、年齢よりもすごく元気。『かぐや姫の物語』の追い込み作業では、明け方まで作業が続き、若いスタッフがへたれていく中で、高畑さんは最後まで元気だったという話を聞きました。コンピュータも使いこなし、音楽関係の動画をよく見ているようです」

 

■鈴木敏夫 プロデューサー(67)

 

「高畑さん宮崎さんを相手にし、作品を作ってきたので、実務力、判断力、決断力がある人です。誰かが猛獣使いと言っていた気がします。それは語弊があるかもしれませんけど(笑)。いっぽうで、切符を購入することが苦手で、一緒に出掛けた宮崎さんが買ってあげたという話を聞いたことがあります。そんな意外な一面もあるようです」

 

最後に、野中くんは「ジブリの大博覧会」の見どころをこう語る。

 

「ジブリ作品がどう制作され、どう宣伝されているのか。そういった舞台裏が楽しめると思います」

 

今年の夏は、ヒルズでジブリを!

【関連記事】

砂田麻美監督が語った誰も知らないスタジオジブリ

「試験で鉛筆削らされた」常識問うジブリの入社試験
ジブリ鈴木敏夫が語る宮崎・高畑両監督のライバル関係

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング