年々増加傾向…女性の未来サポート担う「卵子凍結」の実態

投稿日: 2016年08月27日 06:00 JST


今年6月、助成金を使った初めての卵子凍結が行われたことが発表された。他の都道府県に先駆けて助成金補助を決定した千葉県浦安市では、現在、11人の女性が卵子凍結に向けて準備している段階だという。
 
アメリカではFacebookやappleなどをはじめ、卵子凍結に対する費用を補助する企業も現れ始めているという。卵子凍結が、私たち女性にとって身近な存在になってきているのは確かだ。
 
日本で...

【関連記事】

平均年齢41歳…女性たちが答えた「卵子凍結を選んだ理由」

費用は?保存期間は? 今すぐ知りたい“卵子凍結”Q&A
注目浴びる卵子凍結「高齢出産のリスクは変わらない」と医師

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

U-KISSスヒョン ソロシングル制作で思った「大切な人」とは…2017.07.28

新体制になり新たにスタートをきったU-KISSからリーダーのスヒョンがソロとして2作目となるシングル『I’ll be there』を7月19日にリリースした。ケビンの卒業後、U-KISSとしても初の音...


ランキング