伝説のヤクザが傷心なべおさみに「マカオで賭博場」アドバイス

投稿日: 2016年09月09日 06:00 JST

image

「現役時代は、歯に衣着せずズバズバものを言う人でした。分裂前の山口組の幹部らと交流があり、ヤクザ界以外にも人脈を持っていました。まさに伝説のヤクザといっていい人物でした」(ヤクザ界に詳しいジャーナリスト)

 

東京に本部を置く指定暴力団の最高幹部だった金子幸一氏が、8月21日に亡くなった。享年85。ある現役の最高幹部は「ヤクザとしては大往生(の年齢)だった」と故人を偲んだ。

 

金子氏は芸能界に広い人脈を持ち、また敵味方を超えて、ほかの暴力団幹部との交流も幅広かった。関東在住のある暴力団関係者は言う。

 

「東京に山口組が進出してきた1990年代初頭、金子氏は山口組と対峙していたことがあったが、その後は、東京側の交渉の窓口になった。山口組のある幹部は『金子さんとなら話をする』と言って、争いごとを収めていた」

 

本誌は、金子氏と芸能関係者との関係を物語る、複数の写真を入手した。当事者に、金子氏との関係について聞いたが……。

 

「どこかでいっしょに撮ってほしいと言われて撮ったものだろうが、本人はまるっきり覚えていないと言っている」(西岡徳馬の所属事務所)

 

「写真は10年以上前のものです。金子さんについては知りません。結婚式に出席したときに撮られたのでしょう」(清水健太郎の所属事務所)

 

いずれも、金子氏とは面識がないとコメントした。一方、金子氏と年賀状のやり取りをしていた俳優のなべおさみは、金子氏との関係を認めた。

 

「息子の替え玉受験事件で落ち込んでいるとき『お茶でも飲もう』と電話をもらったのが最初。『マカオで賭博場をやれ。銭になるぞ』と誘ってくれたことがありましたが『僕は役者ですから』と断わりました」

 

交友関係は政界に及び、閣僚経験のある政治家ともつき合いがあった。

 

「金子さんに相談すると『俺が言ってやるから大丈夫』と、政治家に掛け合ってくれた。その政治家とは、亡くなる直前まで年賀状のやり取りがあったという」(前出・暴力団関係者)

 

写真にはアジアの大物映画スターや、超一流格闘家といっしょに撮られたものがあり、人脈が海外にまで及んでいたことをうかがわせる。

 

現役を引退して12年たつ金子氏の葬儀だったが、警察は監視し睨みを利かせていたという。ヤクザと芸能界の古い歴史を知る男がまた一人、逝った。

(週刊FLASH 2016年9月20日号)

【関連記事】

伝説のヤクザが「闇市・ヤクザ戦国時代」を語る

寅さんや縁日の屋台はヤクザ? テキヤの歴史
ヤクザのケンカ「相手の力量」を推し量る「虚々実々」の舌戦

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング