世界初証言「イスラム国で受けた最悪の拷問で床が毒虫に見えた」

投稿日: 2016年09月16日 13:00 JST

image
(イスラム国の広報ビデオより)

イスラム国(IS)に誘拐されたデンマーク人のカメラマン・ダニエルは、13カ月にわたる拘束の末、ようやく解放された。24歳の彼は、拘束中、日常的な暴力や拷問を受けていた――。

世界で初めてISの内部を詳細に記録した『ISの人質 13カ月の拘束、そして生還』(光文社新書)から、その拷問の一部を紹介する。

 

-------------------------------------------------

 

「よお、ダニエル。覚悟はいいか?」

 

太い声が叫ぶ。ダニエルには、その夜ロビーに響いた声に聞き覚えがなかった。だが間もなく彼は、その声の主の正体を知ることになる。それは、アブ・フラヤという仮名で呼ばれる拷問人だった。

 

残忍さでは右に出る者のない番兵として知られており、人質の拷問に心からの喜びを感じているとの噂だった。

 

「きれいな髪をしているな。そもそもどうしてこんなところへ来た? まぬけめ、来なきゃよかったんだ。さあ、ついてこい」

 

男はダニエルの前に立ち、手錠の鍵をもてあそびながら片言の英語でそう言った。

 

アブ・フラヤは、ダニエルの手錠をラジエーターから外すと、その後ろにつき、まだ見たことのない部屋へ連れていった。そしてダニエルの手首のまわりに泡を塗り、また手錠を掛けた。

 

「両手を上げろ」

 

アブ・フラヤはそう言いながら椅子の上に立つと、天井に取りつけたフックから鎖を引っ張り出し、手錠につないだ。ダニエルの体は、完全に伸びきった状態になった。足の裏を床につけて立ってはいるが、腕は天井へ向けてまっすぐ伸ばしたままだ。手錠の内側の泡が滴り落ち、鋭い鉄が手首に食い込む。

 

「また明日な。それまでに話す気になるかもしれないが」

 

アブ・フラヤは快活な声でそう言うと、部屋を出ていった。ダニエルは天井から吊り下げられたような状態で取り残された。手や腕の感覚は瞬く間になくなった。その代わりに、ひりひりするような痛みが絶えず体全体を貫いていく。

 

ダニエルはこれまでに感じたことのないほどののどの渇きを覚え、何リットルもの水を夢想した。ダニエルは一晩中、天井から床へまっすぐ体を伸ばした状態で立ち続けた。

 

そんな状態が続くと、やがて足元の石床の模様がぼやけ、生きものに見え始めた。床全体が毒虫に覆われている幻覚に襲われ、恐怖のあまり小便をもらした。

 

シリアでは何十年もの間に、拷問が訳のわからない芸術の域にまで発展していた。独創的で効果的な拷問になると名前がつけられ、大半のシリア人に知れ渡っていた――。

【関連記事】

イスラム国に拘束されたカメラマン「こんな拷問を受けていた」

実践に参加したイスラム過激派日本人明かす「中東の掟」
イスラム過激派は「ヒトデ型組織」である

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!マッチが再び燃える仰天ハロウィンマジック2017.10.24

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング