「空き家」問題が深刻化…改修費3分の2補助する自治体も

投稿日: 2016年09月21日 06:00 JST

image

「全国の空き家は約820万戸あり、空き家率は13.5%にのぼります(’13年・総務省)。’33年には2,000万戸を超え、空き家率は30.2%になる予測もあり、切迫した問題です(’15年・野村総合研究所)。こうした状況受け、空き家対策を強化する自治体が増えています」

 

こう語るのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。深刻な空き家問題。そんな中、地方の自治体では、状態のよい空き家を有効活用するために、空き家情報を公開する「空き家バンク」を運営するなど、さまざまな空き家対策に動いている。荻原さんが解説してくれた。

 

「愛媛県北宇和郡鬼北町では、空き家バンクの登録物件を買った方に、住宅の改修費用の3分の2を補助金として支給します。ただし、県外からの移住者で50歳未満の方がいる世帯限定で、補助金上限は200万円。中学以下の子どもや孫がいれば、補助金上限は400万円に跳ね上がります」

 

地方の自治体は空き家問題だけでなく、人口減少、少子化なども食い止めたいのだと荻原さんは言う。

 

「三重県鳥羽市は市外からの転入者で41歳以上60歳以下の方がいる世帯なら、改修費用を上限100万円まで支給します。こちらも、世帯に40歳以下の方がいれば、補助金上限は200万円に拡大。若者世帯を優遇しています」

 

空き家を買う人だけでなく、借りる人への補助金を手厚くする自治体もある。

 

「三重県四日市市では、18歳未満の子育て世帯が空き家を借りる場合、最大月3万円を、最長3年間支給します。子育て世帯を優遇する自治体が多いなか、神奈川県横須賀市は下宿したい学生を支援します。大学生などが2人以上で空き家にシェア居住する場合、敷金・礼金などの初期費用を最大15万円補助します」

 

また、空き家の所有者にメリットのある施策も。

 

「山形県飽海郡遊佐町の『借上げ空き家リフォーム制度』は、町が空き家を10年間借り上げ、町の予算、上限350万円でリフォームし、移住者に貸し出します。空き家の所有者には、資金負担がありません」

【関連記事】

4月に特別控除スタート 見直したい「相続空き家」の扱い方

自分の家が「特定空家」で取り壊される前にできること
急増する空家…「住めない家は早く売却したほうがいい」と専門家

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング