再生のプロが語る「ダメ病院を蘇らせるために必要なこと」

投稿日: 2016年11月02日 06:00 JST

image

 

「人口の多い都市で、何の対策もせずに赤字を出し続け、公的資金に頼っている病院に、存在意義はありません。2年前に独立行政法人化し、グループ全体で初年度は51億円の、病院の新築もした2年目も34億円の黒字を出しています。地方には赤字病院も存在しますが、独立行政法人のルールを守り、国からの交付金は1円もいただかずに黒字経営できている、日本唯一の公的病院機構が『JCHO』です」

 

そう力強く語るのは、全国の社会保険病院や厚生年金病院など57病院で構成される「地域医療機能推進機構」(JCHO)の理事で医師の内野直樹さん(66)。JCHOをけん引する内野さんは、公的病院が抱える問題に取り組み、再建してきた。内野さんは’14年、20年近く赤字が常態化していたJCHO東京蒲田医療センター(東京都)の院長に就任。このときの“改革”について振り返る。

 

「職員は自信喪失状態でした。“なんとかしよう”という意欲もなく、あきらめムードで元気がない。ところが“民間の病院とは違うんだ”という、公的病院のプライドは高い」(内野さん・以下同)

 

平気で遅刻し、昼から出勤する医師もいた。それなのに夕方5時にはタイムカードに退勤者の列ができるほどだった。患者からの評判も最悪だった。病院は最寄りの蒲田駅からタクシーでワンメーターだが、その移動中に運転手に「どんな病院ですか?」と聞くと、返ってくるのは「健康診断ならいいかもしれないけど、病気ならよそに行ったほうがいいですよ」というネガティブな答えばかりだった。

 

内野さんが始めたのは、先端医療機器導入や医療技術の向上ではなく、職員全員と面接し、意識を変えることだった。

 

「医師の能力は、それほど大きく変わりません。大事なのは患者と向き合う真面目さ、やる気です。それを感じられない医師には『あなたと一緒にできない。お辞めいただきたい』と言い渡しました。『不当解雇だ!訴えてやる』と怒る人、『じゃあ、残りの有休を全部使います』とそのままいなくなった人、いろいろでした」

 

49人いた医師は、内野さんが就任してたった1年で、異動した医師を除いて28人も辞めてしまったという。

 

「ダメな院長は、ダメな医師でも『いなくなると困るから』という理由で特別扱いします。そんなことをすると、志の高いほかの職員のやる気をなくすことにつながるんです」

 

医師や看護師以外の職員たちも、病院の危機が自分たちの危機につながることを実感した。

 

「350人の職員がいましたが、病院をなんとか再建しようと高い志を持ってくれたのは、70人に上りました。全体の1割から2割の同志がいれば“絶対に勝てる”と、以前、院長を務めていたJCHO相模野病院での経験で確信していました」

 

医療の安全を確保するために、職員にはミスを絶対に報告することを義務づけた。

 

「正直に申し出れば絶対に守る。そのかわり隠したり嘘をつけば放り出すと。大事なのは医療者としての倫理観。それがあれば、患者は信じて、病院に来てくれるんです」

 

上半期の2億円の赤字は、内野さんが院長に就任した直後の下半期で6,000万円までに圧縮された。さらに、コストを管理し、収益を増やすために入院患者も増やした。診療、病棟を担当すれば、医師も忙しくなり定時には帰れなくなる。夕方5時のタイムカードの前にできていた行列はなくなった。

 

「タクシー運転手に病院の評判を聞くと『最近、よくなっているという噂も聞くよ』と答えてくれるように。患者さんの信頼を得れば、職員も誇りを持つようになります」

 

院長就任の翌年の’15年には2,500万円の黒字を計上。今年4月に、次の院長に病院を託した。都市部でも大きな赤字を出している公立病院。職員や医師の高い志が、経営悪化の歯止めとなるようだ−−。

【関連記事】

連続殺人「大口病院」元看護師が「事件の動機」を独占告白

「霊の存在を確信」東大病院“住込み救命医”が導く生と死
“異端のがん医師”近藤誠 大学病院での孤独な闘い

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング