『島耕作』の作者・弘兼憲史が語る「発想を枯渇させない鍵」

投稿日: 2016年11月25日 06:00 JST

image

 

 

漫画『島耕作』シリーズを作り上げた弘兼憲史氏の仕事論をまとめた『島耕作も、楽じゃない。』(光文社新書)から、「アイディアの鍵」について引用する。

 

 

漫画のアイディアは枯渇しないのか、それを怖れたことはないのかという質問をもらったことがある。

 

漫画家に限らず、クリエイターは自分の感覚が鈍ることが一番怖い。アイディアが途切れたらどうしようかと悩むものだ。

 

私の場合、それについてもあまり思い詰めない。

 

いいアイディアが出ないときは、話の持っていき方でカバーする。これだけ漫画を描き続けてきたということは、自分のアイディアの引き出しを次々と空けているようなものだ。

 

どんなに引き出しを持っていても、いずれなくなる。逆に全て使い切り、切羽詰まったほうが、新しいアイディアが浮かんでくるものだ。

 

アイディアの触媒的な役割を果たすのが映画だ。

 

今は多忙なこともあり、映画をきちんと見ることは少なくなった。かつて、若い頃はかなりの本数を見たものだ。今も寝る前に、ぼんやりと映画を見ている。

 

すごく面白い映画からアイディアが浮かぶこともあれば、まったくB級の映画から、こんなストーリーはどうかと思いつくこともある。

 

映画と漫画はストーリーを元にしているという意味では似ているが、実際の俳優が動くという面では違う。だからこそ、私の頭脳を刺激するのかもしれない。

 

たとえばこんな風だ。

 

『シェーン』という映画がある。

 

舞台は開拓時代のアメリカだ。ワイオミング州の開拓地に、流れ者シェーンがやってきて、農家に住み着いた。農家には夫婦と息子がいた。妻とシェーンは次第に惹かれあうようになる。

 

一帯は悪徳牧畜業者が仕切っており、農民たちを追い出そうと企てていた。シェーンは悪徳牧畜業者と対決し、村を去って行く。シェーンになついていた農家の息子は、「シェーン、カムバック」と叫んだ――。

 

この『シェーン』の舞台を日本、時代劇にする。やはり流れ者が村にやってくる。農家にいつき、妻はその流れ者に惹かれるようになる。そうした設定だけもらい、自由にストーリーを展開する。

 

物語の鍵となる「息子」を出すとシェーンに近づきすぎてしまうので、また違った恋愛関係を入れよう――。そんな風に作っていけば、アイディアがなくなって途方に暮れるなどということはない。

【関連記事】

『島耕作』の作者・弘兼憲史が「創作の源」映画を語り尽くす

『家族ゲーム』に活かされた櫻井翔“非常識”アイディア
ソフトウェア開発現場の「デスマーチ」こうして起きる!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング