ダウン症のある子持つ元女子アナが小池塾志願の理由語る

投稿日: 2017年02月09日 17:00 JST

image

(撮影:松陰浩之)

 

「小池都知事はダイバーシティ(=多様性のある社会)の実現に向けて、都政改革を進めていらっしゃいます。私は、ダウン症のある子どもを持つ母親として、育児の現場にいる者として、民間の子育てや、教育・保育環境の充実などのために、都知事の政策をいつかは直接、サポートしたい。そう考えて都知事の政治塾『希望の塾』政策立案部会の試験を受けたんです。そして2月2日に“合格通知”が届きました!」

 

大きな瞳と笑顔でこちらをしっかりと見つめて話すのは、元テレビ朝日アナウンサーで1児の母・龍円愛梨さん(39)。退職後、'12年にアメリカ・カリフォルニア州に渡り、現地で活動する実業家と結婚。'13年5月5日に待望の第1子・ニコくんを36歳で出産したが、生後1カ月でダウン症があることがわかる。

 

ダウン症とは、通常は2本の21番染色体が3本になることで発症する先天性の遺伝子疾患で、知的障害や先天性の心臓、食道、甲状腺などの疾患、視聴覚障害など、さまざまな症状を伴うことがある。およそ700人に1人といわれるダウン症だが、乳幼児期に最も心配なのは心臓の病気の有無やその程度だ。

 

龍円さんはもちろん、四六時中離れずにニコくんの育児に専念。幸いニコくんは大きな手術をすることなく、順調に育ってきた。そして’15年、互いのライフスタイルの変化から夫婦は別離を選び、龍円さんはシングルマザーとして生きていくことを決意。帰国して、高齢の両親のいる都内の実家で、ニコくんとひっそり暮らしてきた。

 

そんな彼女に再びスポットが当たったのは、今年1月7日、「希望の塾」が、7月の東京都議会議員選挙の候補者を絞り込むための試験を開催し、龍円さんも受験していたことによる。試験終了後に会場を出た龍円さんは、詰めかけた報道陣に次のようにコメントした。

 

「都議選にはお声もかかっておりません。都の条例など、政策面で自分の意見をお伝えすることで、小池都知事をお手伝いしたいんです」

 

「希望の塾」への参加が「政治家への転身ではない」ことを明言したのだ。後日、本誌の取材に対し、龍円さんは同塾に参加した理由を次のように語った。

 

「アメリカでは、あらゆるスペシャルニーズ(特別な支援を必要とすること)のある子が通常学校・学級で過ごす“インクルージョン(包括)教育”が広く実践されています。本人にもいい効果があるし、周囲の子も、いろんなニーズのある子がいるということを理解し、どう接し、手を貸せばいいのかを学んでいきます。ところが日本では、特別支援学校・学級と、『健常者』『障害者』が分かれていた……。私は、ニコが就学するまでを目標に、日本の教育現場が変わってほしいという思いがあります。だから『希望の塾』に入塾したんです」

【関連記事】

松野明美 新ダウン症検査に「医師が金儲けしたいだけ」

父親の軽い呼びかけでダウン症の息子に4万2千通のバースデーカードが届く
奥山佳恵 育児日記に綴られた「ダウン症の次男がくれた幸せ」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング