前川喜平氏が通った出会い系バー 家出少女が語る本当の実態

投稿日: 2017年06月03日 06:00 JST

image

 

「路上やネットで知り合う人だと、いきなり殺されたり、監禁されたりすることがあるかもしれません。でもお店で会う人なら安心できます」

 

前川喜平前文部科学事務次官(62)の報道で一躍注目を浴びている出会い系バー。10代だった数年前まで、そこに入り浸っていたA子さんはそう語る。実母の再婚相手の暴力がきっかけで、家を飛び出した彼女。友人の家を転々としながら、約1年間 “援助交際”で生計を立てていたことがある。

 

「普通のバイトをするにも住所が必要ですし、年齢的に風俗店で働くこともできませんでした。そこで新宿駅前の路上や出会い系サイトで知り合った人と“交際”してお金をもらっていました。でも、相手はどこの誰かわからない。危険な目にあったり、お金を貰えずに逃げられたこともあります」(A子さん)

 

そんなとき、路上で知り合った同じ家出少女に教えて貰ったのが出会い系バーの存在だ。お店のシステムについて、現役の店員はこう語る。

 

「うちのお店は、女性は滞在費やドリンク代は無料。漫画や雑誌も置いてあるし、パソコンも自由に使える。いっぽう男性客は入会金を払い、会員登録をする。また、入店するたびに入店料を払う。店内で気になる女性がいれば、交渉の上、外に連れ出すことができる。店外に出た後のことは、店は関知しない」

 

店によって金額やシステムは違うが、入会金は1万円、入店料は2、3時間の滞在で5千円程度が相場なようだ。A子さんは語る。

 

「お客さんは会員登録するときにお店に身分を明かしているし、その人の評判を店員さんや他の女の子に聞くことができます。女の子からクレームが入れば、お店に出禁になります。ひどいことをする人やお金を払わない人はいませんでした」

 

もちろん売春は違法行為。だが、お店にはさまざまな背景を抱えた女の子が常に待機していたという。

 

「私のように親の暴力などで家出をしてきたコ、家が貧しくて稼いだお金を親に渡しているコもいました。いっぽうで、単に遊ぶお金がほしいという理由で来ている名門女子校のコもいました。でも、他よりも安心できるとみんな言っているのは同じでした」(A子さん)

 

A子さんは補導されたことをきっかけに実父と住むようになり、この生活から抜け出した。現在は一般企業に就職している。

 

店に通っていた理由を「貧困女性の実地調査」と説明した前川氏。出会い系バーは売春の温床であるとともに、困窮した少女たちの最後の受け入れ先になっているようだ。

【関連記事】

ハイブリッド弁護士のお悩み相談「夫の風俗通いは不貞行為?」

立ちはだかる「40歳」の壁 訪れる風俗嬢の社会的孤立
満島真之介 結婚2年目のラブホ浮気!風俗店の裏切り2時間

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング