パート主婦へのセクハラ増え…専門家語る現状と対策とは?

投稿日: 2017年09月07日 16:00 JST

image

 

社員に八つ当たりされることもあれば、理不尽な仕事を押し付けられたりもするーーそんなときでも「私はパートだから」と、あきらめていませんか?「働かせてもらっている」なんて考え方、そろそろヤメにしましょう!

 

「主婦パートがセクハラやパワハラのターゲットになっているという相談が増えています。一方で、明らかにこれらが“犯罪”であるにもかかわらず、仕事を失う怖さから、声を上げにくいという声が多いのも現状です」

 

そう話すのは、パートなどの労働問題を扱う「派遣ユニオン」の関根秀一郎書記長。

 

「パートで働く主婦も、労働に関する法律でしっかりサポートされていることを認識してください。セクハラやパワハラを訴えたことで、契約更新がされなかったら、労働を担当する弁護団が力になってくれます。不当な契約解除を解決してくれる可能性もあります。ひとりで悩まずに、声を上げることが重要です」

 

賃金や待遇面で、不明だったり、不審に思ったりすることがあれば、まずは上司に確認してみよう。

 

「その際にメモを取り、それまでの勤務時間などをノートやスマホに記録しておけば、後に証拠になることもあります。上司に確認しても解決しなければ、役所や日本労働弁護団などの相談窓口に電話をしてください。きっと解決の糸口が見つかるはずです」

 

困ったときの相談は『労働条件相談ほっとライン』へ。

【関連記事】

離婚に至るケースも…“節約強迫症”が起こす悲惨な現場

専門家が教える「人間関係&環境」リセットのための神社8
ホリエモンが語る「100万分の1」の人材になる方法

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング