潜入ジャーナリストが警告!もっとも怖い米国・中国食品12

投稿日: 2017年10月08日 06:00 JST

image

 

「極端に安い加工食品や外食には汚染食材が使われていると考えるのが賢明です。また、さまざまな食品に使われるコーンスターチの多くが遺伝子組み換え作物由来ということをお忘れなく。菓子などに使われる「果糖ぶどう糖液糖」は、9割がコーンスターチで作られています」

 

そう話すのは、『怖い中国食品、不気味なアメリカ食品』の共著者でジャーナリストの奥野修司氏。日本は世界最大の農作物輸入国で、輸入先の上位2位がアメリカと中国だ。スーパーに並ぶアメリカ産の牛肉や豚肉。加工食品に使われている中国産の農作物や鶏肉。これらの危険性は、私たちの認識レベルをはるかに超えているという。また、避けていたつもりの「遺伝子組み換え食品」も、表示されないまま多くの食品にまぎれこんでいるそう。

 

「アメリカ産と中国産の食品は、極力、口にすべきではないのです」と語る奥野氏の話をもとに、危険な食品のリストと販売形態、健康被害をまとめた。

 

■アメリカ産「もっとも怖い食品8」

 

【牛肉】

○提供形態……牛肉、牛丼、ハンバーガー、カレーライス、カレールウ、安価なステーキ。

○含有有害物質など……女性ホルモン、抗生物質(および、抗生物質耐性菌)、殺菌剤(過酢酸)。

○考えられる健康被害……「女性ホルモン」=ホルモン由来のがん(卵巣がん、乳がん、子宮体がん、前立腺がん、精巣がん)、精子の減少、生理不順、不妊、成長が早く止まる。「抗生物質(および、抗生物質耐性菌)」=腸内細菌バランスの乱れによるアレルギー疾患、ぜんそく、潰瘍性大腸炎。また、耐性菌が血液中に入ると死に至ることもある。「殺菌剤(過酢酸)」=がん。

 

【乳製品】

○提供形態……牛乳、チーズ、ヨーグルト。

○含有有害物質など……遺伝子組み換え牛成長ホルモン。

○考えられる健康被害……予測不可能。

 

【豚肉】

○提供形態……生肉。

○含有有害物質など……抗生物質(および、抗生物質耐性菌)。

○考えられる健康被害……腸内細菌バランスの乱れによるアレルギー疾患、ぜんそく、潰瘍性大腸炎。また、耐性菌が血液中に入ると死に至ることもある。

 

【鶏肉】

○提供形態……ハンバーガー、フライドチキン。

○含有有害物質など……女性ホルモン。

○考えられる健康被害……ホルモン由来のがん(卵巣がん、乳がん、子宮体がん、前立腺がん、精巣がん)、精子の減少、生理不順、不妊、成長が早く止まる。

 

【とうもろこし】

○提供形態……コーン油、麦芽100%でないビール、ポップコーン、ポテトチップス、コーンフレーク、ケーキ、アイスクリーム、ソース、スープ、ビスケット、ソーセージ、国産牛乳(飼料)。

○含有有害物質など……遺伝子組み換え、アフラトキシン。

○考えられる健康被害……「遺伝子組み換え」=予測不可能。「アフラトキシン」=がん、DNA損傷、染色体異常。

 

【大豆】

○提供形態……サラダ油、マヨネーズ、クッキー、パン、外食の揚げ物。

○含有有害物質など……遺伝子組み換え、アフラトキシン。

○考えられる健康被害……「遺伝子組み換え」=予測不可能。「アフラトキシン」=がん、DNA損傷、染色体異常。

 

【小麦】

○提供形態……ハンバーガー、フライドチキン。

○含有有害物質など……残留農薬(マラチオンなど)、アフラトキシン。

○考えられる健康被害……「残留農薬(マラチオンなど)」=環境ホルモンとして子どもにさまざまな影響を与える。「アフラトキシン」=がん、DNA損傷、染色体異常。


【冷凍野菜】

○提供形態……コーン、グリンピース、ミックスベジタブル。

○含有有害物質など……リステリア菌。

○考えられる健康被害……敗血症や髄膜炎。

 

■中国産「もっとも怖い食品4」

 

【米】

○提供形態……外食のライス、ビーフン、せんべい、米粉を使ったスイーツなど。

○含有有害物質など……重金属(水銀、鉛、ヒ素、カドミウムなど)、有機塩素化合物(DDT、BHCなど)、未承認の遺伝子組み換え(Btタンパクという昆虫病原細菌含有)。

○考えられる健康被害……「重金属(水銀、鉛、ヒ素、カドミウムなど)」=イタイイタイ病(カドミウム)、水俣病(水銀)、血液を作る酵素を破壊(鉛)、がん(ヒ素)。「有機塩素化合物(DDT、BHCなど)」=がん、肝障害、免疫力低下、精子の減少。「未承認の遺伝子組み換え(Btタンパクという昆虫病原細菌含有)」=アレルギー、不妊、生殖能力の喪失、精子の減少(Btタンパク)ほか、予測不可能なリスクも。

 

【冷凍野菜】

○提供形態……「鶏肉調整品」=焼き鳥、から揚げ、フライドチキン、チキンナゲット、ミートボール、竜田揚げ、鶏レバーなど(半分以上は外食産業に使用される)。

○含有有害物質など……抗生物質(および、抗生物質耐性菌)、成長ホルモン、有機塩素化合物(DDT、BHCなど)、重金属(水銀、鉛、ヒ素、カドミウムなど)。

○考えられる健康被害……「抗生物質(および、抗生物質耐性菌)」=腸内細菌バランスの乱れによるアレルギー疾患、ぜんそく、潰瘍性大腸炎。また、耐性菌が血液中に入ると死に至ることもある。「成長ホルモン」=中枢性思春期早発症(成長が早くなりすぎ骨格や関節に問題が生じる)。「有機塩素化合物(DDT、BHCなど)」=がん、肝障害、免疫力低下、精子の減少。「重金属(水銀、鉛、ヒ素、カドミウムなど)」=イタイイタイ病(カドミウム)、水俣病(水銀)、血液を作る酵素を破壊(鉛)、がん(ヒ素)。

 

【アサリ】

○提供形態……外食のアサリメニュー(ボンゴレやアサリの酒蒸しなど)、潮干狩り場のアサリ。

○含有有害物質など……除草剤(プロメトリン)、抗菌剤(クロロマイセチン)、大腸菌。

○考えられる健康被害……貧血や、腎臓・肝臓障害(プロメトリン)、死に至る可能性(クロロマイセチン)、下痢や嘔吐(病原性大腸菌)。

 

【漬け物】

○提供形態……ガリ、にんじん、青菜、マッシュルームの塩漬け、ひらたけ、なめたけ。

○含有有害物質など……何年も替えていない泥水のような塩水に漬ける。作業員は手袋もナシ。

○考えられる健康被害……不明。

【関連記事】

はちみつだけじゃない! 1歳未満の乳児に控えるべき食品とは

あなたは説明できる?「トクホ」と「機能性表示食品」の違い
仏スーパー食品廃棄禁止法で考える「67%は個人が廃棄」の現実

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング