大気汚染の中国「1缶70円の新鮮な空気の缶詰」バカ売れ

投稿日: 2013年02月06日 07:00 JST

「わずか50メートル先がスモッグでかすんで見えないんですから、車に乗るのもかなり危険です。とはいえ、マスクで顔を覆わないと外を歩けませんから、車に乗らざるをえなくて……」(北京在住の日本人ビジネスマン)

 

1月28日、中国・北京市内は不気味な霧に包まれていた。広大な天安門広場でも、毛沢東の肖像画が見えないほど。さらに翌29日には、北京市当局が外出をひかえるよう訴えるまでに、スモッグの影響は深刻化した。

 

ネット上の書き込みには、《水が汚染されればペットボトルの水を、粉ミルクが汚染されれば輸入品を買えばいいが、空気が汚染されればどうすればいいのか》という悲鳴も……。日本円で1缶70円もする”新鮮な空気の缶詰”が飛ぶように売れるほど、北京市民は汚染された空気に戦々恐々としている。

 

このスモッグの原因は大きく分けて4つあると指摘するのは、『中国ガン』(並木書房刊)などの著書があり、中国の大気汚染問題に詳しい台湾人評論家で医師の林建良氏だ。

 

「1つ目は、北京郊外に並ぶ工場から出る排煙。’08年の北京五輪開催前、中国共産党は世界各国に中国のクリーンなイメージを見せるために、160数棟の工場を撤退させました。五輪後、その工場は元のように稼働しています。2つ目は火力発電。中国では発電の8割を火力に依存し、そのほとんどが安価な石炭。しかも質の悪い石炭を燃焼させているので、CO2や硫黄酸化物、窒素酸化物が大量に吐き出されています。3つ目が自動車の排気ガス、そして4つ目は家庭用の石炭暖房です」

 

今年1月に、北京市内でスモッグが見られなかった日はわずか5日間のみ。さすがの北京市当局も、1月14日には58企業の工場を操業停止にし、41企業には減産を命じた。このなかには鉄鋼大手の首鋼集団の建材工場や日本のTOTO、韓国の現代自動車なども含まれていた。

 

しかし、汚染は改善するどころか悪化の一途をたどった。29日には操業停止企業を103社まで拡大したが、その効果は見られなかった。大気汚染は日本の総面積の3倍以上の143万平方キロメートルに達し、山東省青島市、広東省広州市にまで広がった。

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング