独居の老後生活安定には「貯蓄1000万円を」と専門家

投稿日: 2013年02月18日 07:00 JST

厚生労働省の発表した推計によれば、現在の40~50代が老後を迎える2030年には、単身世帯の割合が約37%にのぼるとされている。ライフイベントが少ないため、“備える”という感覚が希薄なおひとりさまのマネーライフ。ファイナンシャルプランナーで、家計の見直し相談センター代表取締役の藤川太さんに、おひとりさまの老後生活の安定について聞いてみた。

 

「年金支給開始までに、ある程度老後の生活を安定させておきたいならば、家がある人の場合、目安は貯金1千万円。家がない人の場合、500万円程度のワンルームマンションを購入することを考慮して、1千500万円ぐらい貯金しておけば、やっていけると思います。ただし、ぜいたくな生活をしないことが大前提です」

 

現在、50代の貯蓄額の中央値は約500万円といわれ、1千万円以上貯蓄している人は、全体の3割超。残る7割近くの人が貯金1千万円は持っていない。

 

「現時点から始めるべきことは、とにかく貯金すること。たとえば40歳の人なら、これから毎月3万円ずつ貯金すれば、20年で720万円。25年で900万円貯まります。そこから自分の年金支給額と照らし合わせて、定年までの生活設計を立てていくことです」

 

おひとりさまの老後の住まいについて藤川さんはこう語る。

 

「老後に借金することなく、ワンルームマンションを購入できれば、住む場所の不安は解消できます。”借金をしてまで購入する”というサイクルだと、不安から逃げられない。でも、”貯金して買う”というサイクルにすれば、すくなくとも不安は減りますからね」

 

【関連記事】

100万円当選キャンペーンも…意外とスゴイ信用金庫預金

馬券35億円男 自己破産しても巨額税金は一生支払うことに

生活保護に犯罪…”イメージ悪い”足立区に人口急増の理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

俳優の実力見せたB1A4ジニョン 今後の活動について激白2018.01.30

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、ソロでは初登場となるB1A4のジニョン。日本の地上波でも放送され、話題を呼んだドラマ『雲が描いた月明り』で時代劇に初挑戦。最旬スター、パク・ボゴムが演じる王...


ランキング