「子どもの手が離れたら死亡保険の見直しを」と専門家

投稿日: 2013年03月25日 07:00 JST

「アベノミクス政策が、実際に私たちの生活の底上げにつながるのか。まだ判断がつきかねるところですが、今後年金の受給開始も65歳からになります。今はパートで働いている方も、子供の手が離れる50代くらいで、”人生二毛作”を検討してもいいかしれません」

 

と語るのは、経済ジャーナリストの荻原博子さん。「多すぎる死亡保険料も、お子さんの手が離れたなら、見直しのタイミングです」と言い切る。

 

実際に、かつては多かった死亡保険と医療保険がセットになっている『定期特約付き終身保険』(加入時30歳・現在50歳)に加入しているAさんのケースを荻原さんと見直してみた。

 

「生活保障が続く、終身保険の部分はいまよりも予定利率の高かった時期に加入している”お宝保険”と呼ばれ、解約金の増え方が大きいので残しておいたほうがいいでしょう」(荻原さん)

 

予定利率の高い時期というと、’85年〜90年までの年利6.5%をピークに、’96年3月の3.75%ごろまで。

 

「このころに契約した保険は解約したり、新しい保険に掛け替えるのは損です。むしろ、お子さんの手が離れたAさんのケースは、掛け捨ての定期部分を思い切って削り、年間約15万円減額できます。60歳までかけた場合と比較すると約144万円浮くことになるんです」(荻原さん)

 

掛け捨てを基本に、子供の手が離れたら一気に減らす。それがこの時代の得策のようだ。

【関連記事】

「過去に病気をしても審査OK」な保険の意外な落とし穴

保険マンの勧誘に乗るな!バブル期に契約した人が勝ち組説も
保険研究家が教える「入ってはいけない”時代遅れの保険”10」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング