「さみしいから入院させて」医療現場のトンデモ生活保護受給者

投稿日: 2013年04月25日 07:00 JST

今年2月、生活保護受給者の実態が、あるアンケートで明らかになった。それは、病院検索サイトなどを運営する株式会社キューライフと株式会社エス・エム・エスが、医療従事者(医師・看護師・薬剤師)744人に対して行った調査。

この調査では、約半数もの医療従事者が、生活保護受給者が医療扶助を不適切に利用した例を見たことがあると回答している。

 

「糖尿病のインスリン患者が、食費がなくなると、わざとインスリンを打たずに高血糖になり、救急外来を受診して入院。食費を浮かせている」(40代・医師)

 

「症状を偽って薬をもらおうとする人がいます。たとえば熱が出ていないのに解熱剤や抗生剤を要求するなど。余ったものは他人に分けると堂々と言っていました」(30代・看護師)

 

「入院するほどの症状ではない患者さんだったのですが『生活保護を切られるかもしれないから今のうちに入院しておいたほうがよいか?』と相談されました」(40代・看護師)

 

「大部屋だとうるさいとクレームをつけてくる受給者。元気なのに個室に何日も入院していたことがありました」(50代・看護師)

 

「診察の際には必ずタクシーを利用し、バスなどは使わない」(30代・看護師)

 

「さみしいからと救急車を呼び、入院したいと言い張る」(40代・看護師)

 

このように、「タダだからいいだろう」と、過剰に医療機関を利用している受給者が少なからずいるという。一方で、必要なところに届かない状況もある生活保護。本当に困っている人には、死活問題だ。

【関連記事】

生活保護受給、出会い系援交…シングルマザーの過酷な現実

元ホームレスの生活保護費を95%ピンハネする”悪徳会社”の詐取現場
生活保護に犯罪…”イメージ悪い”足立区に人口急増の理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング