“日本一泣ける劇団”の主宰者が選ぶ本当に泣ける作品とは?

投稿日: 2013年06月03日 07:00 JST

’12年に解散した「東京セレソンデラックス」は“日本で一番泣ける劇団”とも呼ばれていた。その主宰者・宅間孝行が原作・脚本・出演をした映画『くちづけ』(公開中)が、もっぱら“泣ける”と大評判だ。そこで今回は、泣かせのプロ・宅間さんが泣いた、オススメの泣ける作品を教えてもらった。

 

映画ではまず『ニュー・シネマ・パラダイス』。定番とも言える「最後のキスシーンで泣いた記憶が。この映画を見て以降、自分の作品ではこの映画の要素をモチーフにしているものがたくさんありますね」。『ライフ・イズ・ビューティフル』は「父が息子のためにやせ我慢をする様子が泣けます。自分に息子ができてからというもの、父と子ものにはかなり弱いです」

 

ルワンダ内紛での実話を基にした作品『ホテル・ルワンダ』では「あまりの状況の過酷さ、不条理さに涙が止まらなかった記憶があります」。そして、宅間さんにとって特別な1本というのが『刑事物語2 りんごの詩』。武田鉄矢原作・脚本・主演の人気シリーズだ。「人生でいちばん見ている日本映画かも。パート2は前半で1回泣けて、ラストで号泣です(笑)。いつかああいうラストシーンを舞台で作れないかなあ」

 

マンガでも武田鉄矢・原作作品の名をあげた。作画・小山ゆうの『お〜い!龍馬』だ。「岡田以蔵が仲間であった武市半平太に殺されかけるシーンはヤバい。大学生のときに電車で読んでいたら涙が止まらなくなって、恥ずかしかった記憶がありますね」

 

「ドラマではいっぱい泣ける作品がありますが、やっぱりこれ。最終回でめちゃくちゃ泣きました」と宅間さんが言うのは『東京ラブストーリー』。もう1本はTBS系で’07年に放送された『歌姫』。原作は東京セレソンデラックスの同名作品。ドラマではサタケミキオ名義で宅間さんが脚本を担当した。「賞をいただいた作品です。自分で書いたというか作ったドラマながら泣いてしまいました(笑)」

【関連記事】

ストレス解消に◎…マゲ女厳選”確実に泣ける”時代小説3

「100歳の詩人」柴田トヨさんが被災地に贈る“泣ける詩”3編
劇団四季のキャストが明かす「ライオンキング」5つの秘密

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング