12歳天才俳句少年「俳句がいじめから救ってくれた」

投稿日: 2013年06月10日 07:00 JST

《やせがえる まけるな一茶 これにあり  小林一茶》

「これは僕のいちばん好きな句です。まるで自分のことを言っているみたいだから」

 

と話すのは、’10年に朝日新聞の俳句コーナー「朝日俳壇」に初入選し、その後、何度も入選を繰り返している俳人・小林凛(りん)くん(12・本名・西村凛太郎)だ。彼は、大阪で母・史(ふみ)さん、祖母・郁子さんと3人で暮らす小学6年生。

 

凛くんは生まれたとき、一般的な赤ちゃんの3分の1ほどの944グラムで生まれた。医師から「命がもつかわからない」と言われたが、命の危機を脱し成長していった。そして、文字を覚え始めた5歳のとき、五七五のリズムを使って突然、表現するようになったという。

 

6歳。凛くんは小学校に入学。しかし体は小さく、脚力や腕力が弱かったため壮絶ないじめを受ける。史さんは何度も学校と話し合いをしたが状況は変わらない。ついに、5年生の1年間を学校に行かせないようにしようと決める。学校へのあきらめもあったが、後ろから足首をつかんで転ばせようとする、階段で体をぶつけてくるなど、エスカレートしていくいじめに”命の危険”を感じたからだった。

 

「俳句という部屋にこもれば、さすがに邪悪なエネルギーは入ってこれない」と、凛くんは考えるようになる。この休学は幸いにも、凛くんの俳句の世界を広げるという結果を生んだ。郁子さんとよく散歩に出かけるようになり、たくさんの題材や季語のもとになるものに出会った。

 

《紅葉で 神が染めたる 天地かな》(9歳)――この句で「朝日俳壇」に初めて入選。凛くんのいちばんのお気に入りの句でもある。では、他の秀作をいくつか紹介しよう。

 

《ゆっくりと 花びらになる ちょうちょかな》(9歳)

《子すずめや 舌切られるな 冬の空》(7歳)

《いじめられ 行きたし行けぬ 春の雨》(?歳)

《成虫に なれず無念の かぶと虫》(10歳)

《かき氷 含めば青き 海となる》(11歳)

 

この春から凛くんは6年生、もう病気以外で学校を休んでいない。1年で身長は10センチほど伸び、声変わりもした。4月末には著書『ランドセル俳人の五・七・五』(ブックマン社)も出版した。最後に記者が、凛くんにとってお母さんはどんな存在かと尋ねた。

 

「……“温かい何か”です」と、そして、史さんに宛てて詠んだ句を教えてくれた。

 

《夏の月 疲れし母を 出迎えて》

【関連記事】

ガガ、ジョブス、ケネディ…天才の母の子育てに「共通点」

大津いじめ自殺1年「記事を見て毎晩泣いてます」と祖母
ミス・ユニバース松尾幸実さん 快挙の陰に「いじめ体験」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング