設計者遺族が初めて明かす「戦艦大和」開発秘話

投稿日: 2013年08月16日 07:00 JST

零戦の生みの親を描いた『風立ちぬ』が大ヒット公開中だ。その設計者・堀越二郎に脚光が集まっている。その零戦と並んで日本人の心のよりどころとされるのが、「戦艦大和」だ。

 

‘45年4月7日、大和は何波にも分かれた米軍機編隊の攻撃により沈没した。その大和の基本デザインを生み出したのが、松本喜太郎(1903~83)。世界最大最強といわれながら、ほとんど成果なく沈んだ大艦と、彼はどのように向き合って生きたのか――。

 

松本喜太郎は明治36年5月8日、三重県生まれ。’28年に東京帝国大学工学部船舶工学科を卒業し海軍に。松本が海軍を目指したのは経済的理由だった。帝大時代「卒業したら海軍に行く」という誓約書を提出。それによって海軍が奨学金を出したのだった。以来、終戦まで技術者として造艦に従事した。息子の松本正毅氏によれば、松本は「松本が大和を造った」と言われることを嫌がったという。「自分は基本設計はたしかにやった。しかし“日本を守る”という思いで、みんなでやったんだ」と。

 

正毅氏が「なぜ大和を造ったの?」と尋ねると、父から逆に「お前、どう思う?」と返された。正毅氏は正直に「わからない。なぜこんな世界一のでかいものを造ったの?」と今一度訊いた。すると松本はこう説明したという。

 

仮想敵国であるアメリカとは、国力に差がある。どうシュミレーションしてみても勝てそうにない。でもどこかに穴があるはずだ――。そして日本海軍は、アメリカの唯一の弱点を見つけた。大正時代の末期のことだった。太平洋、大西洋両方に艦隊を持つと、さすがのアメリカでも金がかかりすぎる。必ずパナマ運河を通過しなければならないが、運河は狭く、全幅110フィート(33メートル)以上の艦は通れない。日本はそれよりも大きな艦で大きな大砲を積めば、まあなんとか五分の戦いはできるんじゃないか……。

 

しかし、その構想が実現へと動きはじめるのは’34年(昭和9年)10月、軍令部が新艦設計の要求を海軍省に出すまで待たねばならない。

 

大きな艦に大きな大砲。アメリカの新戦艦の主砲が40センチと予想された時代に、松本は、大和に46センチ砲の搭載を課した。機密保持のため、大和の設計研究は、ふだん各種艦艇の設計作業をしている場所とは離れた海軍省内の16畳ほどの一室で、当初は6人の少人数で始められた。設計された艦は20以上。大和の最終案が決定したのは、’37年3月。就役は、太平洋戦争が勃発した8日後の、’41年12月16日だった。

 

最後まで機密は漏れなかった。ただし、それが不幸を招いたと、大和に関する著作も多い戦史研究家の原勝洋氏は語る。

 

「巨大戦艦を造っていることを秘密にしすぎたため、抑止力としての効果がなかった。情報戦を仕掛け、アメリカに大和の建造が伝わるようにしておけば、それが抑止力となって、もしかしたら太平洋戦争は起きなかったかもしれません」

 

就役したとき、すでに巨大戦艦が主砲を撃ち合う時代は終焉を迎えていた。大和は艦隊決戦で撃ち合うこともなく、沖縄に向かう途中で米軍機の波状攻撃を受けた。最初の魚雷直撃から沈没まで、2時間足らずだった。艦橋にいて、敵機までの距離を砲塔に伝える役割だった八杉康夫氏(85・当時上等水兵)は、「一発も主砲を撃てなかったのが悔しくてならなかった」と語る。

 

あるとき松本は、こう正毅氏に尋ねたという。「大和の主砲だけど、お前、どこまで飛ぶかわかるか?」。わからないと正毅氏が答えると、松本は得意げにこう返した。「なら、東京駅から飛ばせばどこまで飛ぶと思う? 大船まで(約42キロ)だよ」

 

松本は戦後、機械商社を興した。名前は大和産業だった――。大和引き揚げ計画が話題になったとき、正毅氏は松本に「親父、どう思う?」と尋ねた。返ってきたのはたったひと言。

 

「墓場は荒らすもんじゃない」

 

(週刊FLASH 8月20日・27日号)

【関連記事】

ゼロ戦の生みの親…『風立ちぬ』主人公モデルの激動人生

ダウンタウン「仕事ない日も黙々ネタ作り」の下積み時代秘話
山口百恵 引退から32年…渡辺真知子が語るプレイバック秘話

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング