認知症で家族を困らせないために今すぐできる3つの準備

投稿日: 2014年02月11日 07:00 JST

「女性は人生90年。“自分が認知症になったら”という視点で備えていれば認知症を恐れる必要はありません」

 

と語るのは「あい権利擁護支援ネット」代表で、(社)日本認知症ケア学会理事の池田恵利子さん。早めに備えれば家族や周りの負担も減らすことができる。そのため、今すぐできる3つの準備をしておこう。まず1つ目は「支援ネットワークに頼る」こと。(社)日本認知症ケア学会理事で、日本大学教授の内藤佳津雄さんはこう語る。

 

「認知症になると、すぐに家で暮らせなくなるイメージがありますが、そうではありません。早期受診と対応次第で悪化が防げます。今までの生活を継続できるように、ケアプランや自宅の環境を整えることが重要。まずは、地域包括支援センターに相談することをおすすめします」

 

「地域包括支援センター」は、市町村が運営、またはその委託を受けた法人。高齢者の総合的な支援を行うための場所だ。

 

「全国の市町村ごとにあります。介護保険の使い方や申請、高齢者の一人暮らし、高齢者虐待、自分が認知症なのかなど、どんな相談にも無料でのってくれます。保健師や看護師、主任ケアマネジャー、社会福祉士が在駐し、相談内容により、各専門家へとつないでくれます。ケアマネジャーと医師との連携もあります」(池田さん)

 

2番目の準備として「家族でもめないために」、財産管理等の代理人をはっきりさせること。

 

「家族間の財産管理を巡るトラブルも多い認知症。『成年後見人制度』は重症化する前に考えたい制度です。家族以外に最近は、弁護士、司法書士など、第三者への依頼も増えています。子供に頼む場合、相談せずに特定の1人に頼むと、財産分与などで後にもめる原因となります」(池田さん)

 

成年後見人制度とは、判断能力が十分でない人の、介護保険の申請、施設入所手続き、財産管理、必要な契約などを代理するもの。裁判所が決定する「法定後見制度」と、判断力が低下する前に、自分が後見人を選んでおく「任意後見制度」の2種類がある。

 

最後の3つ目の準備は「ケア費用を知っておく」こと。

 

「介護認定は、要支援1・2、と、要介護1~5の段階に分かれています。介護保険で受けられるサービスは、訪問介護、デイサービス、訪問看護、福祉用具レンタルなど52種類。自宅ではサービスを組み合わせて使います。費用は地域により少し違いますが、ある例を見てみましょう」(内藤さん)

 

要支援2(生活の一部に支援が必要、要介護への予防が必要)で、自宅で暮らしながら、生活の自立維持のための支援を受ける人がデイサービス(週に2回、送迎あり)を受ける場合。訪問介護(週に2回、ホームヘルパーによる生活支援)、訪問介護(週に1回、看護師が診療の補助と療養上の世話)のサービスも利用する。この例では、1カ月の介護保険サービスの自己負担は、約1万6千円の計算だ。

 

介護保険を使わず、昼間自宅に家政婦さんを1カ月頼むと、約50万円かかるという。

 

「地域で配布している『高齢者のしおり』を読んで、施設について勉強をしておくことも大事です。ここまで紹介してきたことができていれば、認知症は怖がる必要はありません。たとえ発症しても、あきらめないで対処してください」(池田さん)

【関連記事】

田中将大 両脚切断に認知症…悲劇の祖母が送り続けるエール

山本譲二 独占告白!実母が認知症で介護施設に入所していた
認知症予防にチョコ、カレー…専門家が教える意外な方法

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング