業績アップも達成…企業が成功した“IT断食”の鉄則5

投稿日: 2014年03月26日 07:00 JST

今や広がるいっぽうのIT依存だが、そこから脱却する「IT断食」をいち早く成功させた企業がある。システム開発などを手がける株式会社ドリーム・アーツは’12年よりIT断食を敢行。結果、社員の営業力は上がり、’13年12月期の売り上げは、前期比3割増を達成したという。

 

そこで同社のCT企画推進本部・吉村厚司本部長に、その具体的な取り組みを聞いた。

 

【1】1日のうち、パソコンに何時間向かっているか把握する

「資料作りやメールの返信に多くの時間を割いていては、新しい仕事は生まれません。まずは人に会う時間比率が下がっていないか、確認を」

 

【2】社内向けCCメールの禁止

「CCは『この人にも知らせておいたほうがいいかな』という一種のアリバイ。そこに時間を費やすより、直接話す雰囲気を重視しました」

 

【3】パワーポイントの資料作成を禁止

立派な資料ができあがると達成感があるが、「誰かの情報を切り貼りしただけの『飾り』にすぎません。資料作成という『作業』に費やすより、企画を考えたり、人と会う時間を多く持つようにしました」

 

【4】会議にパソコンやタブレットを持ち込まない

「パソコンの画面に没頭していたら、会議に参加しているとは言えません。議論して判断して結論を出すという、本来の会議を取り戻しました」

 

【5】個人用のパソコンは極力持ち歩かない

同社ではパソコンの個人所有を原則禁止し、5人に1台程度の共有パソコンを支給。予約制にした。その結果「社員たちは1日のほとんどを社外で過ごし、人と直接対話するようになりました」

 

IT断食開始当時、同社では、社員が社内でパソコンに向かって作業している時間と、外に出て人に会っている時間が1:1程度だったが、今では1:9だという。パソコンから極力遠ざかり、直接人とコミュニケーションを取ることがIT断食成功の鍵といえそうだ。

【関連記事】

色は当然ピンク…林家ペーさんの“スマホデビュー”に密着

育休推進企業で「イクメンが職場にもたらすメリット」とは?
イメージ良好な社も…“ブラック企業大賞”の意外な候補

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング