明日ママ、フォアグラ弁当…あのクレーム騒動どう思う?

投稿日: 2014年04月11日 07:00 JST

関連キーワード

「1億総クレーマー社会」とまで呼ばれる現代。本誌は「あのクレーム騒動、正直どう思う?」というアンケートを実施した。対象は、全国に暮らす30・40・50代の女性各100人、計300人だ。

 

まずは、児童養護施設の子供たちを描いたドラマ『明日、ママがいない』(日本テレビ系)。芦田愛菜演じる主人公があだ名をつけられたり、施設長の子供への扱いがひどかったり……。そんな描写に対し「人権侵害に当たる」との申し立てが一部から寄せられた。その結果、ドラマのスポンサーはCM放送を自粛。当初は「最後まで内容を見て判断してほしい」としていた日本テレビ側も、脚本を変更して放送する事態となった騒動について。

 

結果は「最後まで内容を変更せずに放送し、作品全体で判断するべきだった」の意見が208人(69.3%)。対して「内容変更は正しい」は、92人(30.7%)。約7割の人が「変更せずに放送すべき」と考えていることが明らかになった。

 

1月に発生した「フォアグラ弁当」騒動。コンビニエンスストアが発売しようとした、フォアグラをのせたお弁当が、「(作り方が)残酷な食べ物だ」という指摘を受け、販売が中止になったというものだ。

 

アンケートでは、販売中止を「正しい」としたのは40人(13.3%)。「中止するようなことではない」と答えたのは260人(86.7%)と、中止否定派が圧倒的という結果に。報道によると、このとき寄せられたクレームは20件ほどだったという。

 

「実際に中止や変更になったという事実に比べて、アンケートの結果では、批判的意見は少数ですね」

 

結果を見てそう語るのは、精神科医の香山リカさん。クレームが大ごとになっていく社会背景には、クレーマーたちの“拡散志向”があると指摘する。

 

「実際にクレームをつけている人は多くありませんが、その人たちの声が大きくなるため、企業は対応を迫られることになります。本当は『どっちでもいい』というような意見であっても、ネットを使って拡散することで、自分が社会正義に加わることができた、というような満足感、達成感を抱いてしまうのでは、と思います」

【関連記事】

豊川悦司 湘南“夢の新居”がご近所トラブルで工事中止に…

29歳“元”エリート女性が社会問題に取り組む理由

進化するネットいじめ 今、怖いのはLINEの“外し”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング