デモに参加…作家・中島京子語る集団的自衛権行使容認の先

投稿日: 2014年07月13日 06:00 JST

政府が集団的自衛権の行使を認める憲法解釈の変更を閣議決定した7月1日夜、首相官邸前に集まった人たちは「子どもを戦場に送るな〜!」と悲痛な叫び声をあげていた。

 

行使容認に反対する抗議デモには20〜30代の若者、子どもを連れた母親の姿も少なくない。前日夕方から行われた4万人にのぼるデモに参加した直木賞作家の中島京子さんが語る。

 

「他国の戦争やテロに巻き込まれる可能性の高いことを、閣議決定という国務大臣だけの会議で、しかも憲法をないがしろにしてまでしようとしていること。そして安倍首相が嘘をついてまで拙速に決めたことなど、次々と許しがたいことが起き、抗議の声をあげてこようと思いました。デモには学生や女性が多かったのが印象的。危機感をもって訴えていた姿に心打たれました」

 

中島さんの代表作で映画化された小説『小さいおうち』は、昭和初期から戦況が悪化していくなかでの物語。

 

「当時の人たちも、戦争につながる重要な政府の決定や事件も、日々の生活に追われ関心をあまり持ちませんでした。そして気づかないうちに戦争が泥沼化していき、後戻りができなくなってしまいました。この状況と今の空気感が似ていてとても心配です。これまでの過去の戦争でも集団的自衛権という名のもとに正当化され、多くの若者や子どもたちの命が失われてきました。そんな恐ろしい集団的自衛権を近い将来、日本も行使するかもしれません。これから私たちに何ができるか、試されています」

【関連記事】

集団的自衛権行使の容認で加速する「自衛隊空中分解」

「秘密保護法は戦争をやりやすくする準備」元官僚の警鐘
美輪明宏「景気回復という目先の欲に惑わされると…」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング