アギーレジャパン テレビ、新聞が報じないイレブンの白けた胸中

投稿日: 2015年01月07日 06:00 JST

「自分はまったく関与していない」と八百長疑惑について、ハビエル・アギーレ監督(56)から選手たちへの釈明がおこなわれたのは、昨年の12月29日、代表合宿初日でのことだった。

 

日本サッカー協会の大仁邦彌会長(70)が事情説明し、続いてアギーレ本人が冒頭のように説明した。じつは協会はすでに、メールで選手に事情を伝えていたが、指揮官と協会トップが直接説明するのは初めてのこと。

 

さらに、霜田正浩技術委員長(47)が選手たちに対し、「(疑惑について)記者から聞かれたら、『協会の人に聞いてほしい』というように」と通達するなど、異例の箝口令が敷かれた。もっとも、その日の練習後の囲み取材では、八百長疑惑に関して、コメントを拒否する選手はほとんどいなかった。

 

その多くは「まったくこの問題について考えていない。自分たちがやることは変わらない」(岡崎慎司・28)。「プレーに集中しないといけない」(豊田陽平・29)と、八百長疑惑とプレーを切り離して考える意見だった。長くサムライブルーのキャプテンを務める長谷部誠(30)は、アギーレの釈明に対する選手たちの反応をこう語った。

 

「印象に残ったのは、『自分はサッカーを愛しているサッカー人。それを裏切ることはしない』の言葉だった。僕もサッカー人というか、サッカー馬鹿ですから。チームメイトの顔を見ても、熱いものを感じた表情になっていた」

 

一応はアギーレの説明を受け入れたかに見える代表選手たち。だが、それを「鵜呑みにはできない」と語るのは協会の内情に詳しいベテラン記者だ。

 

「ある中堅選手は『潔白を主張したが、それを示す詳細を語ることはなかった』と不満を述べていた。監督自ら『八百長には関与していない。ここからはアジア杯に集中してほしい』と説明したといっても、潔白の根拠は示さないまま、たった2分で終了。それで気持ちの切り替えを訴えても、選手の心に本当に届くのか」

 

スポーツ選手にとって監督批判は絶対の御法度。言いたくても言えない本音は別にあるようだ。

 

(週刊FLASH 1月20日号)

【関連記事】

アギーレ進退問題 擁護派、解任派で「次期会長選」権力闘争勃発

保身のためにアギーレ留任 サッカー協会の大失態全内幕
サッカー代表次期監督「日本人指揮官」待望論の理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング