競歩・鈴木雄介選手 母が語る“外弁慶”な少年時代

投稿日: 2015年03月28日 17:00 JST

「競歩は素人の私ですが、雄介のフォームにかんしては、調子いいのか、悪いのか、見ればすぐにわかります。あの日は、すごくフォームもよくて“速い”と感じました」

 

3月15日、陸上競技(五輪、世界選手権種目)で、1時間16分36秒と日本人男子として50年ぶりに世界記録を更新するという快挙を成し遂げた、20キロ競歩の鈴木雄介選手(27・富士通)。母親の恵子さん(59)が、喜びの表情で語ってくれた。

 

「雄介は3人兄弟の末っ子。わが家のマスコットで、主人も私も『元気でかわいい存在であってくれれば、それで十分』と思って育てていました」(恵子さん・以下同)

 

生活の中心は、8歳年上の長男に合わせたもの。家事に育児に追われた恵子さんは、末っ子の鈴木選手に十分、手をかけることはできなかった。そのぶん、たくましく育ったようだ。

 

「“外弁慶”という言葉があるのかわかりませんが、家ではおとなしいんですが、外ではすごく活発な子でした。小6で応援団長をやったときも、家の中の雄介しか見ていない私は驚きました」

 

陸上競技を始めたのは、小3から。次男が陸上教室に入った影響からだった。中学で所属した陸上部で、1千500メートルや3千メートル走の練習の一環ではじめた競歩が、その後の鈴木選手の人生を変えた。

 

競歩の才能はすぐに花開く。中3のとき、3千メートル、5千メートルで中学生記録を更新した。競歩での成績もよくなったとたん、勉強もできるようになり、本人の希望で進学校の県立小松高校に入学。県予選を勝ち上がり、活躍の場を全国に広げていった。

 

「“この子はいつ落ち込むんだろう”と思うくらい、ポジティブ。あえて『オリンピックに出たい』と強気な発言をして、目の前の目標をクリアしていくタイプですが、心が強いと感心します」

 

その言葉どおり、ついにはロンドン五輪に出場(’12年)。’13年、’14年の日本選手権では連覇を果たした。”外弁慶”にもますます磨きがかかっているようだ。世界記録を更新した直後も「今年から3つの世界大会で金メダルを取る」と、鈴木選手のモチベーションは依然として高く、早くも「リオ五輪で金メダルを」という声も出ている。その姿を、恵子さんはおだやかに見守っている。

 

「お正月に、東郷神社で勝ち守りを買って、雄介のために祈ります。願い事ですか?口に出すとかなわなくなりそうなので、言えません(笑)」

【関連記事】

『進撃の巨人』作者語る「落ちこぼれの少年時代」

タモリのトンデモ少年時代「酒と麻雀を小3から…」
遠藤 気は優しくて力持ち…“カキ養殖手伝い”の少年時代秘話

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング