浅田真央 復帰への迷い断ち切った高橋大輔からの激励メール

投稿日: 2015年10月01日 06:00 JST

image

9月中旬、新横浜スケートセンターには「本日貸切り」という看板が掛けられていた。観客がいないリンクで黙々と練習していたのは、浅田真央(25)。10月3日のジャパンオープンで1年ぶりの復帰戦を迎えるため、最後の追込みに入っていたのだ。リンクでは、佐藤信夫コーチ(73)がフリー曲『蝶々夫人』を指導していた。

 

「集中してやらないと、本番で跳べないぞ!」

 

早朝から続く練習に疲れ切って倒れ込む浅田。だがコーチの叱咤を受けると意を決したように立ち上がり、再びルーティンに入っていた――。

 

「大会まであとひと月を切ったころ、浅田選手が『最近大会のリンクで滑っている夢を見るんだけど、いつも転倒して終わる』と不安そうに漏らしていたんです。かなりプレッシャーがかかっているみたいです」(フィギュア関係者)

 

そんな浅田の“復活への迷い”を断ち切ったのは、盟友・高橋大輔(29)だった。

 

「今春、高橋さんはダンスを勉強するためニューヨークへと渡っていました。しかし8月中旬から約1カ月間、日本に一時帰国していたんです。結局スケジュールが合わず再会は叶いませんでしたが、彼は浅田さんの復帰戦をとても心配していました。だから、彼は浅田選手にメールを送ったそうです」(スポーツ紙記者)

 

そこには、こんな内容が綴られていたという。

 

《もうすぐジャパンオープンだね。今はどんな感じ? きみのことだから期待で胸一杯だろうね。真央ならできる! 自分を信じて頑張れ!》

 

高橋からの「魂の檄メール」を受けて奮い立った浅田。本番を前にして、準備も万端だ。

 

「すでに練習ではトリプルアクセルを何度も飛んでいて、身体のキレも全盛期に近づいてきているみたいです」(前出・スポーツ紙記者)

 

小雨が降り注ぐ9月25日、この日は浅田にとって25歳の誕生日だった。しかし、リンクにはやはり「本日貸し切り」の看板が。途中、市内のフラワーショップからのデリバリーが。誕生日祝いだろうか。だがそんな特別な日でも、練習は遅くまで続いた――。

【関連記事】

浅田真央 体力に不安で開始した「午前4時起床」朝練の日々

浅田真央 引退後はデザイナーに!プロ絶賛の凄腕センスも

浅田真央 現役続行願うスケート連盟が示した“特待オファー”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

関連キーワード

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング