米ツアー2勝めを実現させた「松山英樹」肉体改造の壮絶合宿

投稿日: 2016年02月18日 06:00 JST

関連キーワード

image

米ツアー2勝めで、世界ランクも自己最高の12位に浮上−−。だが、「目標はメジャー制覇」と公言する松山英樹(23歳)にとって、勝利の余韻に浸っている暇はない。

 

「観客の9割強が、地元の人気選手ファウラーを応援するアウェー状況。そのなかで勝ち切ったタフさは評価できる。同時に、今季の彼はひと回り大きくなり、米国で戦う肉体も手に入れたようだ」(現地記者)

 

じつは、松山は3年前から己れの体を苛め抜いている。きっかけは、あるトレーナーのひと言。「日本のプロ野球選手と米ツアーの選手の筋力は同等。しかし日本のゴルファーは、そこからはるかに下」。それが悔しくて肉体改造を決意。現在、大阪でトレーニングを指導する「B2ファクトリー」秀島正芳ヘッドトレーナー(33歳)が語る。

 

「うちには年に3、4回来て、1回で5日間ほど集中的にトレーニングします。大事なのは、上半身よりも下半身を鍛えること。上半身の3倍は鍛えています。下に圧倒的な筋力がなければ、自分の体重をうまく扱うことができない。特に彼の場合、お尻の筋力が生命線。その筋力があれば、ゴルフが崩れることはまずない」

 

単純に3倍といっても、半端な量ではない。ジャンプをからめた器具やダンベルを使ったオリジナルメニューは15種類にも及ぶ。それが終われば、即、4種目の上半身と下半身を連動させるトレーニングに移り、最後に補強トレーニングをおこなう。休憩は給水の時ぐらい。

 

「すべてをこなす時間は1時間30分ほど。考える間もなく、次々とメニューを課す。短時間でハードなだけに、酸欠や吐きそうになることもしょっちゅうです。実際、彼も吐いたことがある。最初はすべてのメニューをこなせなかった。それでもやる。強くなりたい一心でやっていました」

 

一流選手でも音を上げてしまうトレーニングの量と質。当初は、全身筋肉痛のため、宿舎に帰るのもひと苦労だったという。

 

「続けることで下半身の大きさ、強さは当初に比べ変わってきた。ほかの選手より秀でているのは、粘りとバランス。粘りとはバランスを崩したときに耐えられる強さ。日本のプロゴルファーで、これだけ粘り強い下半身を持った選手はいない。だから、スイング時に軸がブレても、瞬時に正しい軸に戻すことができる。渡米後も、(同ジム所属の)飯田光輝専属トレーナーのもと、ほぼ毎日トレーニングは続けています」

(FLASH 2016年3月1日号)

【関連記事】

実力以外はすべて子供以下…松山英樹が嫌われる理由

英会話学校が熱視線を送る 松山英樹の“怪しい英語”

松山英樹 米ツアー初優勝の陰で…“密会グラドル”が失踪

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング