カーリング「銀娘」藤澤五月は、家族全員いまも現役選手

投稿日: 2016年04月11日 06:00 JST

関連キーワード

image

カーリングの世界選手権で、日本初となる銀メダルを獲得したLS北見。快進撃の原動力となったのが、スーパーショットを連発したスキップの藤澤五月(24)だ。その美貌も相まって、一躍時の人となった。

 

「ターゲットどおりにストーンを出す技術は、ジュニアのころから抜けていた」と話すのは、父親でジュニア時代のコーチをしていた充昌さん(56)。

 

出身の北海道常呂町(現在の北見市)は、カーリングが町技というほど盛んな土地柄。両親の影響で、5歳から競技を始めると、天性のセンスを発揮。

 

もともと運動神経はよく、小学生のころ習っていた水泳でも、先生から上級コースに進まないかと声がかかったほど。

 

「五月は水泳は嫌いだったみたい。ただひたすら泳いでいるのが面白くないと(笑)。走っても、マラソンだけは常に上位でした。とにかく負けず嫌い。僕とオセロをやっていても、五月の番なのに次の手を打たない。急かすと、(全部引っくり返されて)負けるのがわかっているから打たないってね(笑)」

 

2010年、中部電力に入社した藤澤は、日本選手権4連覇を達成。昨年4月に退社し、LS北見に加入。そして今回の快挙となった。移籍後は、実家のある北海道に戻って生活を送っている。

 

「家事はよくやってくれますよ。凝り性で、なんでもとことんやるタイプ。調味料から食材まで全部買い込んでは、手の込んだ料理を作ってます。

 

アロマセラピーにも興味があって、資格を取りました。五月とは、YouTubeでカーリングの試合を観ながら、ここはなんでこうしたの? なんて話をします。すっかり僕のほうが教わるようになってしまいましたが(笑)」

 

充昌さんが、娘とカーリング談義に夢中になるのには理由がある。じつは母、兄、姉も含め、藤澤一家5人は、現役のカーリング選手なのである。両親は、今年1月の「北海道ミックスダブルス選手権」で3位になり、全国大会に出場するなど、その実力はトップレベル。

 

「ほかの出場選手は、大学生や10代の学生ばっかりですから。そのなかで、夫婦合わせて112 歳のコンビは頑張ったでしょう(笑)。全国大会で2位までに入ってたら、平昌五輪出場の可能性もあったんです。娘と両親が、ともに五輪出場なんていったら面白かったんですけどね(笑)」

 

(週刊FLASH 2016年4月19日号)

【関連記事】

日本国内にいる中国人スパイ、一説には5万人!

五輪前に知りたいカーリング基礎知識“ゴシゴシの効果は?”

五輪サッカー手倉森監督「競馬で1200万円スッて無一文」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング