女子ラグビー五輪代表選手のスランプ救った“母の存在”

投稿日: 2016年07月04日 06:00 JST

image

「東京五輪ではチームの中心として活躍しなければ。今年はリオに出て、しっかりと経験を積みたいです」

 

日焼けした顔から白い歯をのぞかせて語るのは、女子ラグビー・リオ五輪日本代表候補の福島わさな選手(20・追手門学院大学)。6月12日に閉幕した女子7人制ラグビーの国内シリーズ「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2016」で年間MVPに輝いた注目株だ。銀行員の父・英明さん(52)と母・あきさん(50)の長女で、2歳上には兄がいる。

 

「父の仕事の関係でバンコクで生まれ、幼稚園の年中まで過ごしました。近所のとってもやさしいニューハーフのオネエさんに、かわいがってもらったのを今でも覚えています」(福島選手・以下同)

 

帰国後、ラガーマンでもある父の影響もあり、ジュニアのラグビースクール(大阪)に6歳で入団。

 

「何が面白かったか?……タックルで男子を倒していいところですね」

 

こう言って笑うが、当時女子選手は「いても、チームにひとりくらい」だったため、中学までは男子の試合に参加。実家を離れ進学した石見智翠館高校(島根)女子チームで頭角を現し、2年生のときにはU-18日本代表に選ばれて豪州遠征することに。しかしそこに「落とし穴」があった。

 

「出発前に足首をケガしてしまったんですが、『試合はフツーに出られるだろう』と思っていました。でも、ユニホームをもらえなかったんです」

 

ラグビーは、試合に出場する選手が監督から試合前にジャージを手渡される習慣がある。そこで渡されなかった(=選手を外された)ことで「考えが甘かった」と痛感させられた。以降は、自分を追い込むために練習量を増やし、’14年には女子7人制日本代表チームで国際試合に初出場するまでに成長した。

 

単身生活、メンバー落ち……電話やメールでそのときどきの心境を伝えてきた母にいま思うことは−−。

 

「家にいた中学まではしっかりした体づくりのために料理を作ってくれて、毎日、練習の送り迎えもしてくれた。その後は『黙って見守ってくれている』感じです。必ず五輪に出て、母がスタンドで、こっそり自慢できるような選手になりたいですね」

【関連記事】

高飛び込み五輪代表選手が感謝する“母の肉少なめ弁当”

フィギュアの新星・町田樹を強くした「母のスパルタ教育」

大久保嘉人 母が明かす「父との約束」と「妻の献身」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング