イチロー3000本安打目前で「趣味は盆栽と金魚」伝説

投稿日: 2016年07月29日 06:00 JST

image
(写真:AP/AFLO)

3000本安打へのカウントダウンが始まった7月、周囲のヒートアップとは裏腹に、先発出場の機会が減ったイチロー(42)。ただ、これにはあるチーム事情が関係していた。

 

「主砲のスタントンが復帰して、外野3つのポジションが埋まったこと。また、チームが首位のナショナルズとの差をつめはじめたことから、どうしても出場機会が減っている」(現地記者)

 

だが当の本人は、そうした喧騒を楽しんでいる節がある。22日(日本時間)、4試合ぶりに先発出場して2安打、金字塔まで4本としたときのことだった。

 

「僕が(50歳まで)あと7年間プレーすることになると、ドニー(マッティングリー監督)が話していたらしいね。7年あれば4本は打てるでしょう」

 

パンチのきいたジョーク。今もっともコメントの取りにくい選手だけに、報道陣も驚いた。だがかつては、サービス精神旺盛なコメントはしょっちゅう。

 

1994年6月、本誌は打率が4割を超え、日本球界でいちばんホットだったイチローを初取材。「趣味は盆栽と金魚」の真相を確かめるものだった。

 

「冗談でプロフィルの欄に書いたんですけどね。趣味は音楽なんて書いたっておもしろくないでしょ(笑)。でも、本当に2つとも好きなんですよ。ファンにもらった盆栽を置いていたんだけど、遠征中に枯らしてしまって。魚はランチュウ。あのボコボコの顔がたまらなく可愛いよね。本当の趣味? ラップとメジャーの選手カード集めかな」

 

当時は、メジャーやNBAの選手カードなどグッズの収集に熱中。お宝は9万円で買ったユーイングの名前入り革ジャンだった。

 

さらにその3年後、趣味は記念硬貨集めに変わっていた。いちばんのお宝は、「昭和天皇の在位60周年記念の10万円硬貨」とのこと。高倍率の金貨を親戚の銀行員に頼んでゲットしたという。

 

20日、MLB公式サイトが、興味深いコメントを発信した。

 

「P・ローズを日米通算安打で抜いたことは忘れよう。無意味な比較だ。だが、イチローは疑いもなくメジャーにおける殿堂入り選手だ」と、引退後の名誉は確約されていると断定したのだ。

22年前、「金魚と盆栽」を前に微笑んでいた20歳の青年は、全米でもっともホットな男となった。

(週刊FLASH 2016年8月9日号)

【関連記事】

3000本安打が目前「イチロー」絶好調の秘密はスパイクにあり

入団2年目でボスママに君臨…イチロー夫人の桁外れのスゴさ
イチロー「マイアミの自宅からはイルカも見える」超豪邸生活

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング