リオ五輪中継は「感動を盛り上げるテーマ曲」にも注目!

投稿日: 2016年08月04日 06:00 JST

image

「祭り好きの日本人にとってオリンピックも大事な“祭り”のひとつ。五輪中継のテーマ曲は、その祭りを盛り上げるための、お囃子なんです」

 

そう語るのは音楽評論家の富澤一誠さん。8月6日(現地時間5日)から熱戦の火ぶたが切って落とされるリオ五輪。オリンピック中継のテーマ曲が、感動を盛り上げるのにひと役買っていることは間違いない。

 

「NHKの五輪中継テーマ曲といえば、まず’64年の三波春夫『東京五輪音頭』。さらに’88年ソウル五輪で浜田麻里の『Heart and Soul』を起用して以来、毎回、五輪ごとに決めています。’96年アトランタ五輪中継も大黒摩季の『熱くなれ』が大いに盛り上げました」

 

とりわけ印象深いのは’04年アテネ五輪の体操男子団体。28年ぶりの金メダルを獲得した名シーンに花を添えたのはNHK五輪中継のテーマ曲、ゆずの『栄光の架橋』だ。

 

「『栄光の架橋』を聴くと、誰もが『栄光への架け橋だ〜』という名実況とともに、あの体操の鉄棒のシーンを思い出すはず。大ヒットしただけでなく、五輪中継のテーマ曲として初めて紅白で歌われ、ゆずの知名度をグーンと上げました。最も成功したテーマ曲が、ゆずの「栄光の架橋」です」

 

今回のリオ五輪でも各局、テーマ曲には力を入れている。NHKが安室奈美恵、日本テレビが嵐、TBSがSMAP、フジテレビがEXILE、テレビ朝日が福山雅治と、そうそうたるメンバーをそろえてきた。

 

「それぞれのテレビ局が独自性を出して、いい曲をそろえてきたようです。しかし、誰の心にも残るテーマ曲になるためには、リオ五輪での手に汗握るシーンや、涙を誘う名場面が欠かせません」

 

今回の五輪中継で、“金メダル”を手にするのは、いったいどの曲(局)になるか?

【関連記事】

蛭子さんのゆるゆる人生相談 「リオよりやっぱり競艇場」

女子バレー「日本を特別扱い」の理由はやっぱりジャパンマネー
ケンブリッジ飛鳥育てた綾戸智恵似母 中学時代から五輪を視野

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング