男子バレー監督「中垣内祐一」神田うの似の不倫相手と再婚

投稿日: 2016年11月04日 06:00 JST

image
(写真:時事通信)

 

10月26日、東京五輪に向けたバレーボール日本代表の新監督が記者会見をおこなった。開催国としてメダル獲得を目指す男子を率いるのは中垣内(なかがいち)祐一監督(48)。1990年代に、エースアタッカーとして日本代表を牽引した「ガイチ」が指揮官になって帰ってくるのだ。

 

だが晴れの場で新監督は謝った。「前回は非常にご迷惑をおかけした」。

 

2012年7月、本誌は、当時男子代表のコーチだった中垣内氏と13歳年下のA子さん(35)の不倫交際を報じた。中垣内氏は妻子ある身にもかかわらず、ロンドン五輪最終予選の宿舎にA子さんを呼び、試合前に会うなど親密な交際を続けていたのだ。

 

中垣内氏は問題の責任を取ってコーチを辞任した。

今回、あらためて4年前の不倫を謝罪したが、語らなかったことがある。

 

「中垣内さんはその後奥さんと離婚し、不倫相手だったA子さんと2年前に再婚しています。今年1月に、男の子も生まれました」(バレーボール関係者)

 

4年前、中垣内氏は大阪府堺市内にある120平方メートルの瀟洒な一戸建てに住んでいた。だが、いまそこに彼の姿はない。日本代表監督が暮らしているのは、大阪市内にある、築20年を超える賃貸マンションだ。家賃は10万円以下。ここで、中垣内氏はA子さんと長男の3人で暮らしている。

 

「A子さんは神田うの似の美人。両親は大阪府内で会社を経営していると聞いた。中垣内さんとは知人の紹介で知り合った。ゴルフが共通の趣味で、不倫だったころは、よくゴルフ場や練習場でデートしていた」(同前)

 

28日、出勤する中垣内氏に声をかけ、再婚について聞くと、こう答えた。

 

「バレーボール協会には、彼女と再婚したことをきちんと報告しています。4年前に報じられたときから、真剣におつき合いしていました。

 

じつはあのときすでに、(前妻との)夫婦関係は破綻していたんです。金額は言えませんが、慰謝料も払いました。離婚してからも、娘とはときどき連絡を取っています。プライベートなことなので、これ以上は勘弁してください」

 

就任会見で語った中垣内監督のモットーは「誠実さと信頼を生かす」ことだった――。

 

(週刊FLASH 2016年11月15日号)

【関連記事】

ミスター男子バレー中垣内祐一 20代OLと「ラブホ」不倫

ジュビロ磐田・藤田義明ゲス不倫の実態「口止め料は20万円」
「ゲス不倫」を炎上させなかった大物政治家の説得力

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング