村上佳菜子「ジャンプのキレに暗雲が」の意外な理由

投稿日: 2013年03月28日 07:00 JST

浅田真央(22)とキム・ヨナ(22)の直接対決に注目が集まった、カナダでのフィギュア世界選手権だったが……。日本人記者の間ではもうひとつ、村上佳菜子(18)のある”成長”が話題になっていた。

 

村上といえばキレのあるジャンプに笑顔がトレードマーク。ただ、年齢的なこともあり、子供っぽさが目立っていたのも事実だ。ところが、今大会では”艶やかさ”が加わった、ともっぱらの評判だったという。

 

「要因のひとつが、体つきが女性らしくなって、大人っぽくなったということ。さらに表情も豊かになり、悩ましさが演技に窺えた。4位と惜しくも表彰台は逃したが、ソチ五輪に向けて可能性を示した大会となった」(スポーツ紙記者)

 

演技から艶技へ……。大きな成長を見せたが、あるスポーツライターは「逆にマイナスの部分もある」と警鐘をならす。

 

「じつは、胸が豊かになると色っぽく映るが、フィギュアのジャンプでは不利といわれる。これまでの五輪でもカタリナ・ヴィット(’84サラエボ、’88カルガリー)以外、豊満な体型の女王はほとんど生まれていない。フィギュアでは浅田真央のような”鉛筆体型”といわれる体型のほうが有利」

 

村上の成長がジャンプのキレに影響するのではないか、というのだ。あるスポーツトレーナーが言っていたのが「女子のスポーツ選手は、肉体が女性らしくなったら選手生命は終わり」ということ。村上はソチ五輪に向け”もうひとつの敵”と戦うことになる。

 

 

(週刊FLASH 4月9日号)

【関連記事】

浅田真央 実母の死から1年…復活の陰に「空白の2週間」

キム・ヨナ 復帰決意の理由はお金!「父が投資で8億円損失…」
浅田真央 優等生のはずが留年…卒業を甘く見ていた理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング