5冠の天才スイマー萩野 才能開花の陰に「母の1人っ子教育」

投稿日: 2013年04月24日 07:00 JST

「ロンドン五輪も行きましたし、今回の日本選手権も見に行きました。母親としては、子どもの出る大会を見に行くのが楽しいんですよ」と話すのは、日本選手権男子水泳で史上初の5冠に輝いた萩野公介選手(18)の母・貴子さん(49)だ。

 

ロンドン五輪では銅メダルを獲得するなど、今、水泳界で最も注目を集めている“怪物”萩野。彼はいったいどのようにして育っただろうか。栃木県小山市に住む貴子さんが語ってくれた。「公介は、私が30歳すぎてできた子どもでした。ふと30歳が目前になって『子どもつくるなら今』と思ったところで妊娠したんです。妊娠中はあまり太るのが嫌で、マタニティ・スイミングスクールに。公介が生まれて生後5カ月になると、ベビー・スイミングにも行くことになりました。こうして公介のスイミングが始まったんです」

 

さらに貴子さんは水泳以外にも、さまざまな習いごとに公介選手を連れて行った。3歳のころには、ピアノに英会話に学習塾も掛け持ちさせていたという。貴子さんはそのすべてに同行。そこには、ある思いがあった。「掃除に、洗濯に、子育て。そのすべてを手抜きしないでやろうと思ったら、私には1人っ子で精一杯でした。だからあえて1人っ子として育てよう。その代わり、なるべく多くのチャンスを与えようと決意したんです」

 

そのなかで頭角を表してきたのが水泳だった。小学校のころには“天才スイマー”といわれるまでに成長。それに伴い、貴子さんの生活もハードになっていったという。「中高の6年間、毎朝4時半に起きて、朝練に出かける公介へお弁当を持たせていました。夕方5時半になると塾まで公介を迎えに行き、そのままスイミングスクールに車で送っていく。そこで2時間の練習を見学して、終わると家に連れ帰ります。そこから主人を駅まで迎えに行き、夜12時過ぎにようやく就寝という生活でした」

 

さらに貴子さんの奮闘は続く。水泳選手として体が大きくなかった公介選手をサポートすべく、食生活を見直すことにしたのだ。「中学までは好きなものを好きなだけという食生活でしたが、あの子は牛乳だけが嫌いだったんです。だから高校に入ると管理栄養士さんに毎日メールで献立を送り、不足分の栄養素を補うようにしました。他人に見せるんですから、冷凍食品は使えません。それがプレッシャーでしたね(笑)」

 

当時、公介選手はハードな練習の中でも身体を維持するため、1日6度もの食事を摂るようになった。貴子さんが2年前の冬から始めた毎日のメニューノートは、現在4冊目に突入しているという。彼女の支えなしに、怪物は育たなかったといえるだろう。

【関連記事】

五輪記者の現地取材メモ「『AKBファン』萩野の高校生活」

内村航平 母が明かした英才教育「右脳開発は0歳から」
ガガ、ジョブス、ケネディ…天才の母の子育てに「共通点」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング