世界一美しい死闘“ランジェリー・フットボール”の魅力

投稿日: 2013年06月14日 07:00 JST

6月14日からWOWOWで放送が開始される「ランジェリー・フットボール」。’09年に米国で始まったこのスポーツ、基本的なルールはアメフトと同じだが、女性選手がなんと下着姿でプレーするのだ。あまりの人気に、カナダ、オーストラリアでもリーグが開幕した。

 

「解説を引き受けることにまったく抵抗はありませんでした。これを機に少しでもアメリカンフットボールに興味を持ってくれればいいと思ったので」

 

そう話すのは、日本でNFL(アメリカのプロリーグ)にもっとも近い男といわれた元アメリカンフットボール選手の河口正史さん。河口さんは、’11年に日本で放送が始まって以来、ランジェリー・フットボール・リーグ(以下・LFL)の解説をたびたび務めてきた。

 

「アメリカンフットボールのおもしろさは戦術にあります。でも、11対11の“本チャン”となると、戦術を理解するのにすごい時間がかかる。その点、(7人制の)LFLはルールや戦術が理解しやすく、そのおもしろさが伝わりやすい」(河口さん・以下同)

 

もともと、ランジェリー・フットボールは、NFLの頂点を決めるスーパーボウルのハーフタイム中の裏番組として始まった。当初は完全な“ネタ”番組。選手も無名モデルが中心だった。

 

「でも、年々よく練習しているなと思えるチームが増えています。観ていて感心できる選手も増えました」

 

年1回のランジェリー・ボウルが好評だったことで、’09年にLFLが開幕。ほかのスポーツで活躍した女性アスリートが続々参入し、競技レベルも向上した。現在、米国では12チーム、カナダとオーストラリアではそれぞれ4チームが覇を競い、来年には世界一決定戦が予定されている。

 

「だけど、スポーツとして発展したからといっても、その“エロさ”は失われません(笑)。LFLはみんな真剣にやってるからこそエロいんですよ。普通にしていても驚くほどきれいな女性が、下着姿で鼻水たらして歯を食いしばって頑張る。そういうのが究極にエロい(笑)」

 

(週刊FLASH 6月25日)

【関連記事】

人気アスリートが吐露した「トンデモ上下関係」悲惨白書

園田前監督「ごめんなさい…」実母に送った”謝罪メール”
桑田真澄「毎日殴られた」中学時代監督の言い分

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング