ミスターイーグルス語る楽天創設時の苦心「100敗阻止に執念」

投稿日: 2013年10月03日 07:00 JST

球団創設9年めにして、初優勝を決めた東北楽天イーグルス。二軍外野守備走塁コーチの礒部公一さん(39)は、創設時の選手分配ドラフトで近鉄から入団した。“ミスターイーグルス”として名を馳せた磯部さんが、球団創設1年目の“産みの苦しみ”を語ってくれた。

 

「当時は室内練習場もなかったし、施設面で『本当にプロ?』と疑問符がつくところから始まった。シャワールームにタオルがなかったりとか(笑)。『あるべきものがない』が普通で、そうしたことをひとつひとつ球団と話し合い、解決していった1年めでした」

 

’05年3月26日、ロッテとの開幕初戦こそ勝利を収めたが、翌日は同じロッテに0―26と記録的な大敗。

 

「ある程度予想はしていました。僕らは寄せ集めといわれていたし、とくに投手力が弱かった。試合が始まって、これからっていうときにすでに大差がついていたりする。優勝争いも5月ぐらいには終わっていましたし、あとは絶対に100敗だけはしたくないと(苦笑)」

 

チームはその後も負けが続き、礒部さんの打撃にも狂いが生じた。そんなとき、支えとなったのが地元ファンだった。

 

「負けが続いてもファンは『頑張れ』と。近鉄では関西特有の強烈なヤジを経験していたので、東北人の温かさには救われました」

 

今年の躍進については、若手の活躍と“厳しさ”が功を奏していると語る。

 

「星野監督のもと、厳しさを押し出し、戦う集団に変わってきた。二軍でも“闘志なきものは去れ!”の意気込みで戦っていますから。また、今年は若い選手が多く一軍に呼ばれている。そういった選手が活躍すると、俺も優勝の輪に加わりたいと、二軍の若手も士気が高かったですね」

 

(週刊FLASH10月15日号)

【関連記事】

優勝目前…楽天球団社長が掲げた“黒字化への3つのキーワード”

田中将大 球界のエースが願いを込めた“ももクログローブ”
楽天「ベンチャー時代の社員は使えない」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング