東京五輪柔道金メダリストの思い出「ファンタにびっくり」

投稿日: 2013年10月04日 07:00 JST

「今回の五輪招致をどう見ますか?」「あのころに秘めた思い出はありますか?」——2020年の東京五輪決定を記念し、1964年東京五輪の金メダリストに話を聞いた。題して『東京オリンピック金メダリストの今と、49年前のヒミツ』。

 

「今の人はガッツポーズをしたり、メダルをかじったりしよるけど、当時は『感情は表に出さん』という風潮で、それが日本人だと思っとった。でも、選手村に帰るバスのなかで喜びがはじけてな。みんなで大声で軍艦マーチを歌った。金メダルが取れて、本当によかったと思ったよ」

 

そうは当時を振り返るのは、柔道男子軽量級金メダリストの中谷雄英さん(72)。柔道が初めて公式競技に採用された、’64年の東京五輪。日本は4階級中3階級で金メダルを獲得したが、なかでも中谷さんの強さは圧倒的だった。5試合すべて『一本』で、試合時間は合計でもわずか9分。優勝を決めた瞬間、中谷さんは静かに天井を見上げた。そんな中谷さんが思い出深いと語るのは、選手村での生活だ。

 

「黒人さんを初めて見たんですよ。みんなとても友好的で、自分も世界市民なんだと実感しましたな。選手村にはダンスホールもあって、外国人選手がゴーゴーを踊っていました。私もやってみたかったけど、よぉやれんかった(笑)。それから、びっくりしたのがファンタグレープのうまさです。この世にこんなにうまいものがあったのかと驚いた。今でもたまにあれを飲むと、オリンピックを思い出すぐらいじゃ(笑)」

 

中谷さんは現在、広島県柔道連盟の理事長を務める傍ら、週に4〜5回、母校である広陵高校柔道部の指導をしている。

 

「女子に1人、有望なのがおってですね、ひょっとしたら東京オリンピックを狙えるかもしれんのです。今から楽しみで仕方がないですわ」

【関連記事】

柔道男子・篠原前監督が“産廃業界に転身”していた

滝川クリステル 五輪決定に「よかったね」と“カレからの祝福”
成田童夢 柔道体罰問題「それもひとつの方法」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング