田中将大 161億円超大型契約で「手元に残るのはいくら?」

投稿日: 2014年01月30日 07:00 JST

1月22日、田中将大投手(25)のニューヨーク・ヤンキース入りが発表された。なんと7年契約で161億円、日本人メジャーリーガーとして過去最高の契約金だ。しかし、実際のところ、手元に残るのはいくらなのか。現地のジャーナリストに聞いた。

 

「これほどの高額になると、税金が大変です。国の所得税にあたる連邦税が40%、州税が9%、市税が4%など、合計で総収入の半分、約85億円を税金として収めなければなりません。ほかにも、移籍交渉を手掛けた代理人には契約金の5%にあたる約8億円を支払いますから、すべて差し引くと手元に残るのは約68億円という計算になります」

 

’09年にマリナーズと契約したイチローも「契約金で手元に残るのは半分以下。周りが思うほどの額じゃないよ」とこぼしていたともいわれている。

 

支払いは基本的には、年俸を12回または24回に分けて振り込まれるという。マーくんの年俸は約23億円。12カ月に分割すれば約1億9000万円から約50%の税金が引かれた額、約9500万円が毎月振り込まれるということになる。

 

さらにマーくんの場合は、球団から特典として約300万円の引越し費用、約880万円かかるという専属通訳のギャラ負担、約800万円相当の家族の日米往復航空券(ファーストクラス使用)のサポートが受けられる。

 

こうしたヤンキースによる破格の待遇に、マーくんへの期待の大きさがうかがえる。

【関連記事】

田中将大「今オフメジャー移籍」を裏付けるこれだけの理由

やくみつる氏語る田中将大の凄さ「弁慶並にテンパらない」
松井秀喜 巨人軍入閣オファーもNY妻が「絶対イヤ!」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング