高橋大輔 幼少期の日記に綴られていた「ソチとの運命的一致」

投稿日: 2014年02月06日 07:00 JST

バンクーバーでフィギュア男子日本初のメダルを獲得し、ソチ五輪でも連続表彰台に期待がかかる高橋大輔(27)。壮行会では、母・清登さん(64)からの手紙が読み上げられた。

 

《大輔へ 全日本、お疲れ様。大変でしたね。でも、よく頑張ってくれたと嬉しく思いました。お母さんもちょっと涙をもらいました。(中略)今までスケートをしてきたことをいろいろ思い出していました。お母さんにはわからない苦労もたくさんあったことでしょう。でも、ここまで来るまでには長光(歌子)先生をはじめ、チーム大輔はもちろん、数多くの人たちに支えられてきたことを決して忘れないでください》

 

“涙の手紙”には、母の願いが込められていたという。清登さんは「やはり感謝の気持ちを忘れてほしくない」と語る。ジュニア時代には理容師として働きながら、夜にはパートに出て息子の競技生活を支えてきたという清登さん。理髪店には『リンク代』と書かれたペットボトルが置かれ、訪れた客がお釣りを入れてくれるようになったという。

 

「理容店が終わると、夜はお弁当屋さんで働きました。夜9時から12時まで、時給は800円ほど。6年ほど続けました。微々たるものですが、それでも助かりました」

 

父親もスケート靴のエッジを研ぎ、演技を撮影したビデオを『よく飽きずに見れるね』と家族に言われるほどチェックし息子を支えてきた。そんなみんなの思いを背負って挑むソチ五輪。メダルが決定するのは2月14日だが、そこには運命的一致が隠されていた。

 

「実はあの子がスケートを始めたのが、ちょうど(20年前の)2月14日だったんです。幼稚園のころから、小学校4年生くらいまで日記をつけさせていたのですが、読み返してみると(小2の)2月14日に『スケートリンクにはじめていった』と書いていました。そのあとの日記に書かれていたのは、どんなジャンプをしたか、スピンをしたか、どんな練習だったかなど……。ずっとスケートのことばかり書かれていました」

スケートを始めてからちょうど20年。今大会での引退を表明している高橋へ、母はこんな願いを語った。

 

「五輪の空気を楽しんで思いきりやって、最後に『オカン頑張ったよ!』と言ってくれることだけを待っています」

【関連記事】

五輪前に知っておきたいフィギュアスケート観戦のツボ

金は4個獲得…ソチ五輪日本のメダル数を予想してみた
浅田真央 急逝した母が語っていた「娘の恋人の条件」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング