葛西紀明 レジェンドの執念の陰に“病室の母からのメッセージ”

投稿日: 2014年02月27日 07:00 JST

スキージャンプ競技のラージヒルで銀メダルを獲得、さらに団体戦でも日本を銅メダルに導いた葛西紀明選手(41)。7度目の五輪で悲願のメダルを手にしたが、その興奮も冷めやらぬ中で突如“結婚”というニュースが流れた。

 

「結婚報道に当の本人がいちばん驚いていました(なんでこんな報道になるんだって)」と話すのは、葛西選手の姉・紀子さん(44)。次回冬季五輪は韓国の平昌(ピョンチャン)で開催されるが、「それまでには結婚したいという意味で語った言葉が、すぐにでも結婚するような話になって報道されたようです」(以下・紀子さん)。

 

葛西選手はこれまで競技人生一筋に歩んできた。それほどジャンプにかける思いは大きかった。貧しい家計を支えるために、母親の幸子さんは、昼間は割りばし工場、夜は小料理屋で朝から晩まで働きづめだった。代わりに長女の紀子さんが家事をした。米びつが底をつくこともしばしばで、お金を借りにまわる日もあった。それでも一家は葛西選手が世界で羽ばたけるようにと応援しつづけた。

 

最愛の母が亡くなったのは長野五輪('98年)の1年前。家に放火されて母親が大やけどをおい、11カ月に及ぶ治療のかいもなく帰らぬ人となった。そして病室のサイドボードから小さなノートを発見する。母親は両手もやけどし、ペンを握れるほどの握力もなかったはず。実際ノートを持つ姿は誰も見ていなかった。

 

はがきより少し大きいくらいのノート。葛西選手は何げなく開いたそのページに目を走らせ、表情を一変させると「今、ここで読んだら泣いてしまう。俺が預かっていてもいいか」と紀子さんに言ったという。

 

「やっと判読できるくらい。ミミズがはったような文字でうっすらと書かれていて。すべてを読んだわけではありませんが『紀明の試合が見たい』『世界一になれ』『頑張れ』などと書かれていました」

 

'94年、リレハンメル五輪の直前、札幌の大倉山競技場では小柄な幸子さんが大勢の観客の間をすり抜けて前に出て声援を送った。当然観衆のどよめきにのみこまれるが、それでも声をからして「がんばれ、紀明!」と叫んだ。“もうあの声援はできなくなる”。それを病床で悟り、思いを伝え残すために、必死でペンを握ったのだ。

 

'14年2月、その願いを心に深く刻み、葛西選手はソチの空に挑んだ。葛西選手の自宅の耐火金庫に保管されている、母の祈りのノート。彼はそれを何度読み返したのだろう。ソチ五輪はまだ夢の途中、カミカゼレジェンドは次の章へ進むーー。

【関連記事】

葛西紀明 レジェンドの原点は「金メダルが妹の病を治す」

浅田真央 母三回忌欠席を決心させた“ソチ五輪への誓い”
天才少女スキージャンパー(15)を育てた母の食育法

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング