「23人中3人だけ…」サッカー日本代表にB型が少ない理由

投稿日: 2014年06月12日 16:00 JST

「代表選手一覧を見たとき『ザッケローニ監督は血液型のことを調べてメンバーを選考したのでは?』と思いました」と語るのは、社団法人ヒューマンサイエンスABOセンターの市川千枝子代表理事。血液と気質に関する学問『血液型人間学』に詳しい市川さんによると、サッカー日本代表のメンバー23人には“ある偏り”が見られるという。

 

選手たちを血液型で分類した際、最も多いのはA型の9人で全体の39%を占める。次がO型の8人で34%、B型とAB型はそれぞれ3人で13%にとどまる。だが日本人の血液型比率は、A型38%、O型31%、B型22%、AB型9%だという。つまり、代表にはB型の選手が極端に少ないのだ。

 

野球の場合、野村克也氏が「名球会にはB型とO型が多い」と語っているほどB型の一流選手が多いという。だがザックジャパンでは、12年時点でB型選手が0人だったことも……。なぜ、B型はこれほど少ないのだろうか。その“秘密”について市川さんが語る。

 

「代表選手にB型が少ないのは、監督がチームワークを重視するプレーを求めているからではないでしょうか。B型の人は、マイペースで型にハマりません。野球の場合は個人でプレーする場面が多いですが、サッカーは連携を取りながら行わなければならない。そのため、B型傾向の選手が選考から漏れたと考えられます」

 

日本代表のB型の3選手は、DFの伊野波雅彦(28)、MFの青山敏弘(28)、FWの柿谷曜一朗(24)の3人。普段から悪く言われることが多いB型だが、代表でも敬遠されるのだろうか……。

 

「いえいえ。B型の選手は大舞台で強い傾向があるんです。それにDF、MF、FWにそれぞれ1人ずつB型がいるのはいいこと。B型の人はアクが強い分、アクセントになってくれます。本番では柿谷選手が大活躍してゴールを決めてくれるかもしれませんよ!」

【関連記事】

元サッカーダイジェスト編集長語る「日本はイタリア破り8強」

サッカー代表 40年前は「女性下着がスパッツ代わり」の劣悪環境
免疫学の権威が監修「血液型別なりやすい病気」A型編

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング