サッカー代表次期監督「日本人指揮官」待望論の理由

投稿日: 2014年07月10日 07:00 JST

日本サッカー協会は、原博実専務理事(55)に一任する形で、W杯敗退直後から後任監督人事を急ピッチで進めている。原専務理事がリストアップしているのは外国人監督で、本命視されているのが、メキシコ人のハビエル・アギーレ氏(55)。これに異論を唱えるのは、日本代表が銅メダルを獲得した68年のメキシコ五輪でエースとして活躍した釜本邦茂さん(70)だ。

 

「情報化された現代、日本人指導者が海外のサッカー情勢に疎いなんてこと、もはやないんです。一方で、言葉の壁は少なからずある。合宿先で朝いちばんに選手と顔あわせて『グッド・モーニング』のひと言で終わるのと、『おはよう、どや、元気か?』と会話できるのとでは全然違う。選手の体調や精神状態を、ちょっとした会話から把握できるのは大きな差でしょ」

 

そもそも、日本サッカー協会の姿勢に問題がある、と釜本さんは続ける。

「いまや400人以上の日本人が、Jリーグや代表の監督を務めることができる『S級ライセンス』を持っている。それだけの人材を活用しないでどうするんですか。協会は日本人指導者の育成を真剣に考えないと、いつまでも外国人監督に頼ることになります」

 

外国人監督か、日本人監督か――。本誌が30~50代の主婦を対象に実施したアンケートでは、52%の人が「日本人監督が適切」と回答。理由としては“円滑なコミュニケーション”が理由として挙げられていた。

 

一方、「将来的には日本人監督が理想」としながらも「現時点では外国人監督でないと」と話すのは、サッカージャーナリストの元川悦子さん。

「現在の代表チームは、半数以上の選手が海外でプレーしています。彼らが本当にリスペクトできるのは、やはり欧州など海外のビッグクラブや代表チームで指導暦のある監督でしょう。もし、その経験のない日本人が監督となって、ひとたび問題がおきたら……。『世界で戦った経験もないのに』と、監督の意見に異議を持つ選手も出てくるはず。それでは一丸となって闘うチームにはなれません」

海外経験抱負な代表クラスの選手は外国語にも堪能だ。

 

「こちらが考えるほど意思の疎通ができないこともない。むしろ、語学やサッカーの知識に加え、選手のメンタルまで配慮できるような、優秀な通訳を見つけることのほうが重要でしょう」(元川さん)

 

アンケートで「外国人監督」を推す声では、《大舞台で経験豊富な人を》(34歳・会社員)など、世界との差を考え外国人監督を、という意見が目立った。

4年後のW杯では、ぜひベスト16の壁を超える活躍を!

【関連記事】

ザック監督夫人が本誌に独占手記「責任は、十分果たした」

家族、恩師…身近な人が語るW杯日本代表の少年時代
女性関係、お金…W杯注目選手の裏側ランキング

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング