「オータムジャンボ宝くじ」億のチャンスは“W当選売り場”!

投稿日: 2016年09月30日 06:00 JST

image

「今年2月、200円くじの『新春運だめし』1等1億円がこの売り場から出て、こりゃジャンボも来るぞと確信しとった。そしたらやっぱりサマー1等7億円が出たんじゃ。’08年6月、200円くじ『幸運の女神』で1等1億円が出たら、続けてサマー2等1億円、年末2等1億円と年に3本も億が。通常くじの億はジャンボの億を呼ぶんじゃな」

 

そう話すのは、東京都「浅草橋東口駅前売場」で現役最古参の宝くじ販売員である秀じいこと森秀夫さん(85)。

 

宝くじには年間5回発売されるジャンボ宝くじ(1枚300円)とそれ以外の期間に発売される通常くじ(1枚100円または200円。例外として1枚500円もある)がある。1年に4〜5回、1枚200円のくじのなかに1等前後賞合わせて1億円を超える高額当せんくじがあるのをご存じだろうか。’16年「新春運だめし」もそのひとつだ。

 

果たして秀じいの言葉は真実か?本誌では全国の200円くじ1等億売り場(過去4年分)を独自調査。すると通常くじの億とジャンボの億が前後して出ている売り場を8つ発見した。

 

そのなかで、日本一の東京都「西銀座チャンスセンター」からは200円くじ1等億が貫禄の3本。これは販売枚数からうなずけるとして、それに続くのはなんと京都府「地下鉄京都チャンスセンター」。’14年4月「春爛漫」、同年6月「幸運の女神」と2本の億のあと、直後の同年「サマー」1等6億円、そして’15年「年末」1等10億円とジャンボ大当たり連発。’14年当時、「めったに出ない200円くじで億が続いた」ことが常連客の間で評判になり、「次はジャンボ」と買い続ける人が多くいたとか。’15年年末10億円を当てたのもそんな常連客の1人という。

 

「’15年『年末』10億円を当てたのは、地元の30代の女性でした。100枚以上買った中にありました。窓口の販売員のほうがびっくりして慌てているのを見て、『ごめんなさいね、騒がせちゃって』といたって冷静。『ずっとこちらで買っていてよかったわ』と言いながら帰っていかれました」(芝崎成孝店長)

 

その他のダブル当せん売り場は次の通り。

 

■宮城県「広瀬本町チャンスセンター」

■宮城県「あすと長町チャンスセンター」

■千葉県「船橋東武チャンスセンター」

■東京都「宝くじ御徒町駅前センター」

■東京都「亀戸駅前北口売場」

 

風水建築士の山下剛さんは次のように語る。

 

「全国的な金運は、日本中にいる『八百万の神』全体が目配りしているといわれます。それに対して地域の金運はそこを司る『氏神』のパワーによるとされる。宝くじでも、全国区で売り場にとって一見客が多いジャンボと常連客中心の200円くじでは、司る神様が違うんです。その両方が出ているということは、全国区の神様と地域の氏神の双方が認めた強運売り場。これは注目せざるをえませんね」

 

秀じいいわく「200円くじ1等億はジャンボ億の呼び水」。ぜひ今回のオータムジャンボ購入の参考に。

【関連記事】

ジャンボ宝くじ“大当たり法則”にみる「10億円に近い売り場4」

ジャンボ宝くじ「残り物には福がある」リアルエピソード集
ドリームジャンボ宝くじ スゴ腕販売員が語る億万長者の共通点

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング