年末ジャンボはここを買え!「億」が「億」を呼ぶ売り場

投稿日: 2016年11月14日 17:00 JST

image

 

「『女性自身』で紹介された直後に、まさかの5億円。あの記事が呼んでくれた1等です」

 

こう笑顔で話すのは、東京都「亀戸駅北口売場」の販売員・加藤美奈子さん。本誌(10月11日号)で’12年「ドリームジャンボ」1等1億円、’15年「新春運だめしくじ」1等1億円がダブルで出た強運売り場として、今年の「オータムジャンボ」注目店に挙げたところ、見事1等前後賞5億円当せん。これでトリプル当せん売り場になったのだ。

 

「店頭に亀戸の地名にちなみ験担ぎの亀の子たわしをかけているんですが、いまのたわしがだいぶ古くなったので、交換しようと考えていたんです。でもこの大当たりの運を逃してはいけないので、当分替えられなくなりました」(加藤さん)

 

さて今回の「オータムジャンボ」は全国から11本の1等が出た。ここには大きな特徴がある。1等5億円は全国11本という少数のなかで、札幌、東京、広島、福岡と、オータム期間中にプロ野球のクライマックスシリーズ(CS)が開催された4都市すべてから当せんが出ているのだ。その中の2店舗に話を聞いた。

 

北海道「発寒イオンチャンスセンター」は札幌市郊外にある。

 

「とにかく札幌市内は、CSが始まる夕方6時すぎには、(テレビ観戦するために)町から人が消えて売り場もさびしいものでした。その応援のかいあって日本ハムファイターズは日本一。日ハムのアゲアゲムードが、売り場に億を運んできてくれたのは間違いありません」(大塚正明店長)

 

つぎは25年ぶりのセ・リーグ優勝に沸いた広島。今回5億円が出た広島県「安古市ゆめタウンチャンスセンター」は、広島市内を走るアストラムライン(モノレール)高取駅そば。

 

「広島市内もCSのときは、夕方6時前には町からほとんど人がいなくなりましたね。じつは売り場には4人の販売員がいるのですが、そのうちの1人に10月と11月、同時期に2人の孫が誕生。またもう1人の販売員も12月に孫が誕生予定。そんな家庭内の祝い事も、売り場に幸運を連れてきてくれたのではないかと感じています」(喜多正和店長)

 

宝くじにくわしい風水建築家の山下剛さんは、今回の特徴を受けて次のように解説する。

 

「今回は発売期間中にF1日本グランプリが開催された鈴鹿市内からも1等が出ました。イベントは人の気が一点に集中するもの。それが大当たりまで呼び寄せたとしか考えられません。次の年末ジャンボはクリスマスイベントで人が集まる、テーマパーク周辺が狙い目かもしれません」

【関連記事】

宝くじ9億円当たったらいくら残る? 公営競技の税金

「宝くじなんてお金のムダよ!ほら!」 夫を叱るために買ったくじが100万ドル当選
億の当せん連発…宝くじ「北関東の売り場」がツキまくり!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

パク・ヒョンシク語る防弾少年団、SHINeeメンバーとの共演2017.09.19

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERSの今回のゲストは、俳優としてメキメキと頭角を現すパク・ヒョンシク(25)。ヒットドラマ『相続者たち』、『家族なのにどうして~ボクらの恋日記...


ランキング