池袋の西武線駅構内がアツい!年末ジャンボ狙い目売り場

投稿日: 2016年12月21日 06:00 JST

image

 

「今年の年末ジャンボミニは賞金が1等1億円にグレードアップ。名前はミニでも当たれば億万長者です」

 

そう語るのは、宝くじ専門誌『ロトナンバーズ「超」的中法』(主婦の友社)の石川修編集長。ジャンボの陰で一見、目立たないが、当たりが多いだけに「手堅く狙える」人気の年末ジャンボミニ宝くじ。

 

本誌では年末ジャンボに合わせ、ミニが併売されるようになった’13年からの1等当せん売り場に注目してきた。そこで今回、独自にミニ1等当せん本数を集計し、“爆当たり”の売り場を紹介!

 

東京都「池袋東口西武線駅構内売場」では、今年の正月に「’15年年末ミニ1等2本出ました」と店頭に告知した。

 

「貼り出した当日でした。数人の若い男性グループが『当たりが出て縁起がいいから』とスクラッチを5枚ずつ購入しその場で削ったんです。すると中の1人が『これ当たってる?』と販売員に見せたのが、全国に30枚しかない1等5,000万円の当たりくじだったんです」(鈴木洋平社長)

 

話はまだ続く。

 

「さっそく5,000万円が出たという告知を店頭に貼ると、中年の女性が『こういうときって続くのよね』とその場でスクラッチを購入したら、今度は10万円大当たり。いま売り場に波が来ていることは間違いありません」(鈴木社長)

 

静岡県「浜松泉町ピアゴチャンスセンター」はこれまでジャンポ億当せんはゼロ。それなのに年末ミニだけ2年連続1等という稀有な売り場だ。

 

「地元ではミニに強いと評判になり、今回も特にミニが売れています」(鈴木佳夫店長)

 

先日は常連のブラジル人女性がジャンボで100万円を当て、「家族でブラジルへ里帰りができましたと言って、お土産にブラジルのお菓子をいただきました(笑)」(鈴木店長)。

 

前出の石川さんは「都内で言えば、池袋駅周辺が計5本と大奮闘。ほかには静岡県浜松市の計5本がとくに目立ちます」と話す。売り場の話にもあるように、ミニに強い売り場にはツキがいっぱいのよう。あなたもあやかってみてはいかが?

【関連記事】

「宝くじなんてお金のムダよ!ほら!」 夫を叱るために買ったくじが100万ドル当選

宝くじ「億」呼ぶ“冷蔵庫保管術”5つのポイント
ドリームジャンボ宝くじ スゴ腕販売員が語る億万長者の共通点

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング