当せん金10億!ロト7必勝法は「地元の郊外売り場、QP…」

投稿日: 2017年02月02日 12:00 JST

image

 

「2月3日の抽せんから、ロト7の1等最高賞金額が、現在の8億円から10億円へ大幅アップ(キャリーオーバー発生時)。これは毎週発売される宝くじとしては史上最高額。狙わない手はありません」

 

こう話すのは雑誌『ロト・ナンバーズ「超」的中法』(主婦の友社)の石川修編集長。ロトが始まったのは’13年4月。現在までに出た1等8億円は41本。これが2月から10億円に跳ね上がるわけだ。本誌では8億円が出た売り場取材から浮かび上がった「必勝法」を石川さんとともに紹介!

 

【迷ったらQP(クイックピック)にせよ!】

 

「ロト7で最初の1等8億円が出たのは’13年5月。なんと香川県『観音寺チャンスセンター』で2本16億円と、東京都『東村山プラザチャンスセンター』で1本8億円の計3本が同時に出ました。『東村山プラザチャンスセンター』の当せん者は主婦。QP(数字選択を機械任せ)で1通り1口300円を購入したところ、8億円大当たりでした」(石川さん)

 

【地元の郊外売り場を狙え!】

 

「ロトは毎週継続して買うのが大当たりの鉄則といいます。買いやすいということで、車をサッと止めてパッと買う売り場がベスト。うちの売り場もまさに“サッパッ”の立地。買いやすい立地こそ大当たりの秘訣ではないでしょうか」(’16年の第150回ロト7・1等8億円当せん売り場「若松原ヨークベニマルチャンスセンター」の橋本達矢店長)

 

【ツイている売り場は大当たりが連続する!】

 

「大当たりは連続する傾向が顕著。たとえば’14年2月に8億円が出た大阪府『内代チャンスセンター』では、同年6月にもロト7で1等2,000万円が出ました。一度大当たりが出た売り場はマークするべきです」(石川さん)

 

【数字を選ぶなら「黄金の3法則」を知れ!】

 

ロト7は、1から37まで数字が書かれたボールを使い、抽せん機によって7つの当せん数字が選ばれる。これまで約200回の抽せんが行われたが、じつは数字の出目にははっきりとした傾向が出ている。ロト7の分析の鬼・石川さんによれば、1.前回の当せん数字から最低1個は連続する。2.23・24のような連続した数字が出る確率が約7割。3.13・33のような下1桁が同じ数字が出る確率が約8割だという。

 

「ロト7では自分のこだわりのある数字を選ぶ人がほとんど。この3法則を知ったうえで自分の好きな数字を軸にすれば、おのずと選ぶ数字は定まってくるはずです」(石川さん)

 

今回の最初の10億円はどんな人が当てるのか?それはあなたかもしれません!

【関連記事】

ロト6「1000万円」当せん男が「的中の真髄」を初告白!

ロト7 1等独占狙うなら“偏った数字を2口”で勝負
「ロト7」8億円のカギは“2と23の軸買い”!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング