販売枚数が少ないのになぜか当たる“穴場”宝くじ売り場

投稿日: 2011年11月24日 00:00 JST

販売枚数が少ないのになぜか当たる〝穴場〟宝くじ売り場

いよいよ11月24日から発売となった年末ジャンボ宝くじ。今年は1等前後賞の本数が、なんとこれまでの2倍!1等前後賞が3億円、2等賞金が1億円というから、今年は過去最多の198人の億万長者が誕生することになる。

 そこで過去5年の間で6億円以上の当せん金を出した売り場を調査したところ、1位は『西銀座CC』、2位は『大阪駅前第四ビル特設売り場』、3位が『名駅前CC』といわゆる“御三家”が並ぶ。だが、こうした人気店は販売枚数もケタはずれなため、「億が出て当たり前」と声があるのも事実。そこで、本誌は、いま人気急上昇中の「穴場売り場」を調査した。

08年、10年と、2等1億円が2本ずつ出たという兵庫県加古川市の『加古川イオンCC』があるショッピングセンターは、最近まで『東加古川サティ』という名前だった。このお店は、全国のサティで何度も売り上げ1位を取ったことのあるという大繁盛店なのだ。

同店の渋谷博子さんは「交通の便もよくないし、なぜ大勢のお客さんが来るのか不思議。地元民は『ここは商売繁盛の運気がある土地だ』と言っています。敷地内の宝くじ売り場でも億が出続け、土地の強さを実感しています」と語る。

静岡県富士宮市の『いとくま』では、01年と07年の2回、年末1等3億円と2等1億円がダブルで出た。同店の野際英三さんは言う。「01年に道路の拡張工事で店が動いたんです。その直後に1等2等、次もまたダブルでしょ。こんな地方の売り場でこれは奇跡。まさに“億を呼ぶ土地”に当たったみたい」

本誌5月24日号でも紹介した、その名も大黒さんという女性販売員がいる熊本市内の『花畑CC』も年末ジャンボ2等1億円が06年(2本)、08年、10年と計4億円出ている。“御三家の”ように販売枚数が多くないのに、なぜか高額当せんが続出するこれらの店舗。“商売繁盛”の神様が、当たりを引き寄せているのかもしれない――。

 

(女性自身11月29日・12月6日合併号)

 

【関連記事】

当たった4人が告白!億が飛び出る「宝くじの保管場所」

年末ジャンボ”億2本以上”の絶好調売り場「運気上昇の秘密」
総額59億円当せん!83歳ご長寿販売員の「泣き笑い61年」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング