年末ジャンボ なぜか当たる”地方の”高確率当せん売り場(1)

投稿日: 2011年12月15日 00:00 JST

販売枚数が数十万枚から数百万枚以上を売る“行列売り場”で、「億」の当たりが連発するのは、ある意味、当たり前。そこで今回は、3万5千枚以下の少ない販売枚数にもかかわらず、“億万長者”を生み出した「地方の穴場売り場」を追った。それぞれの売り場が教えてくれた「億が飛び出すタイミング!」とは?

 

【1】北海道北見市「北見三輪CC」森公則さん

「うちは開業以来、高額当選とは縁がなかったのですが、一昨年年末で100万円1本、昨年サマーで100万円2本と、小当たりが続いていたんです。そうしたら、去年の年末ジャンボで、2等1億円が出ました!」小当たりが続いている売り場が狙い目だ。

 

【2】秋田県能代市「能代CC」井筒弘店長

「一昨年のサマーで、たった3万数千枚の中から1等3億円が出ました。すると去年は、地元能代商が25年ぶりに夏の甲子園に出場。能代全体の勢いが上がっていると話していたら、年末に今度はジャンボで2等1億円が出ました」若い力で、町全体が活気に満ち溢れているのも“億”を呼ぶタイミングのひとつだ。

 

【3】茨城県日立市「折原商店」折原みつるさん

「一昨年、8年間寝たきりの母(94)が亡くなりました。その年末に、3万枚の中から1等3億円が出たんです。息子が私へ、『ずっと介護してきたお父さんへの、お祖母さんの置土産だね』と言ってくれました」親孝行が福をもたらすのは間違いない。

 

【4】群馬県桐生市「豊田商店」豊田礼子さん

「今年4月に40歳になる息子から、妻が妊娠したと知らせがあって。8月近くに近くの冠稲荷神社へ安産祈願と、私の方位除けをしてもらったんです。その翌日、千100枚しか売っていない中から、2等1億円が出たんです!」初孫は“億”のキューピットだった。

 

【5】長野県佐久市「野沢CC」古川真澄さん

「数年前、売り場を10メートルほど動かしたときにロト6で1等が。今年また50メートル移動したところ、直後のドリームで1等3億円が出て驚きました(笑)」売り場の引越しも吉兆のタイミングかも。

 

【関連記事】

当たった4人が告白!億が飛び出る「宝くじの保管場所」

年末ジャンボ”億2本以上”の絶好調売り場「運気上昇の秘密」
総額59億円当せん!83歳ご長寿販売員の「泣き笑い61年」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング