総額59億円当せん!83歳ご長寿販売員の「泣き笑い61年」

投稿日: 2012年12月02日 00:00 JST

 

「おかあさんに相談があるんですが聞いてくれますか?」と尋ねてきたのは、埼玉県から来た38歳の男性。カバンの中には3年前の年末ジャンボ3億円の当せん証書が入っていた。

 

ここは北海道旭川市の『堂前宝くじ店』。宝くじ販売歴61年、83歳の堂前輝子さんの店だ。平成になってからだけでも36本(総額59億円)の『億』を出し、30人以上の宝くじ1等当せん確認に立ち会ってきた。これほど多くの億万長者と会った人は日本で彼女だけ。大当たりが出れば、いっしょに喜び、一緒に泣く。そんな”おかあさん”と呼ばれる輝子さんの人柄が、これほど多くの『億』を招くパワーの源なのかもしれない。

 

「埼玉から来た彼は『2千万円で家を買い、あとはどうしよう……』と言うので『上手に使わないと、すぐになくなってしまうよ』と話しました。すると『はじめて人に話せただけで心が軽くなりました。残りは貯金して計画的に使います』って。安心しました」(輝子さん)

 

宝くじを売り始めて2年後、北海道で1本しかなかった1等100万円が、突然飛び出したのが伝説の始まりだった。’76年の年末には早朝、宝くじを買い求める5千人の列が売り場を何重にも取り囲み、警察官30人が整理に駆けつける騒ぎにも。ここでは、当たりの数だけ多くのドラマが生まれた。

 

「’75年でしたか、建設会社の社長が必死の形相で当せん確認に来たんです。800万円の負債を抱えて倒産寸前。これがハズレたらもうダメだって。私が番号を調べたら、1等1千万円が当たってました。社長さんは万歳を連呼。私もつられて万歳三唱(笑)」(輝子さん)

 

また藁にもすがる思いで売り場に並んでいたという女性に、年末ジャンボで1等1億3千万円が当たったことも。

 

「その方は離婚したばかりでした。しかも2人の子どもを抱えての生活で、とても不安だったのでしょう。当せんがわかったときは、2人で抱き合って泣きました」(輝子さん)

 

そんな輝子さんが61年間、変わらずにやっていることがある。多くの売り場が『10枚ずつ袋詰めされたもの』を仕入れて販売しているが、輝子さんはいまでも自分で袋に入れる。年末は、この作業だけで1カ月ほどかかるという。

 

「私がこの手で詰めたものじゃないとお客さんが納得しないから(笑)。でも売るようになってから、自分では1枚も買ってないの。”私の運”は買ってくれた人に分けてあげたいでしょう」(輝子さん)

 

【関連記事】

当たった4人が告白!億が飛び出る「宝くじの保管場所」

年末ジャンボ”億2本以上”の絶好調売り場「運気上昇の秘密」
総額59億円当せん!83歳ご長寿販売員の「泣き笑い61年」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング