サマージャンボ“大当たり続出”の意外な保管場所とは

投稿日: 2013年08月02日 07:00 JST

「常連さんから『どこに保管したら当たる?』と聞かれたので『この暑さだから、冷蔵庫で冷やしてあげれば』と軽い気持ちで答えたんですよ。そうしたら、後日その人がニコニコした顔でやってきて『言われたとおりにしたらホントに当たった』と高額当せんの報告に来てくれました」

 

こう話すのは、宝くじ売り場『新宿西口小田急線のりば前』の人気販売員・小古田綾子さん。今年も西日本を中心に猛烈な暑さが続く日本列島。サマージャンボの抽せん日(8月13日)まで、宝くじはいったいどこに保管しておくのがよいのだろう?

 

宝くじ公式HP(全国自治宝くじ事務協議会)の宝くじ長者白書を見ると、机の引出しや神棚・仏壇とならんで、第6位に冷蔵庫がランキングされている。宝くじ研究家の山口旦訓さんは次のように話す。

 

「たしかに冷蔵庫に保管する人は多いですね。理由は、宝くじが休むのにちょうどよい温度とか、火災や盗難よけになるなどさまざま。愛知県の48歳の主婦は、サマージャンボをバラで20枚購入し冷蔵庫に保管していたところ、3等1千万円に当せん。新聞で確認したとき『当たったわ』と大声で叫んでしまったとか」

 

ほかにも、年末ジャンボで家族親類合わせて10人でグループ買いをして、みごと2等1億円を当てた岡山県の主婦のM子さんのケースがある。幹事役のM子さんが大安の日に計100枚を購入。保管場所をみなに相談したところ『M子さん宅の冷蔵庫』ということで意見が一致。それが幸運を招いたらしい。

 

「大阪のKさんは、いつもは冷蔵庫に保管していたのですが、グリーンジャンボを購入した際、たまたま車中にクーラーボックスがあり、これも冷蔵庫の一種だろうと入れたら2等1千万円。やはりひんやり閉じ込めておくのがいいんでしょうか」(山口さん)

 

まさに猛暑のサマーにうってつけの保管場所が冷蔵庫といえそうだ。それにしても、なぜこんなに大当たりを呼ぶのだろうか?中国・江蘇省生まれの祖父から風水の極意を学んだ華僑3代目の風水師・張真紀さんはこう解説する。

 

「古代中国では、お金を壺の中に入れ地中に保管すると増えるとされてきました。ひんやりと静かで暗い場所。いまでいえば、もっとも近いのが冷蔵庫なんです」

 

中国ではお金を『来客』にたとえる。地中の静かなところでゆっくり休んでいただくのだが、お金は寂しがり屋なので「ここはいいところ」と“仲間”を呼び始めるという。宝くじも紙幣と同じ。ぜひ居心地のよいところに保管しよう!

【関連記事】

サマージャンボ宝くじ 大当たり1等4億円が出た「全23売り場」

サマージャンボ宝くじ 1等当せんを目指す「販売員たちの奮闘」
当たった4人が告白!億が飛び出る「宝くじの保管場所」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング