第39回 “こども×アート”「アートな視線で見つめれば、日常がちがって見えてくる」

投稿日: 2016年07月05日 00:00 JST

image

毎月2回お届けするこどもみらい探求社からのレポート。
うち1回は、「70㎝の目線」。
こどもたちにひとつの“ありふれたモノ”を渡していき、創造される「あそび」をお送りします!

もう1回は、「保育士起業家 まい&めぐの社会実験“こども×??”」
こどもたちの明るい未来のために、様々な分野とコラボレーションをしたレポートをご紹介。

今回は、“親子×アート”「0歳からの現代アート」です。

image

今回は、「0歳からの現代アート」の様子をお届けします!

4月からはじまったこのシリーズは、アーティスト/ コミュニティデザイナーの菊池宏子さんとのコラボレーション企画。

4月のテーマは「現代アートって何?」ということで、菊池さんの活動と現代アートについてのお話を聞いた後、日常のどんな光景がアートなのかを話し合いました。

image

こちらは4月の登園日の様子

6月の登園日は第2回目が開催され、体験を通して、より具体的に感じてもらいました。

例えば、こちら。

image

「このシュチュエーションにどんなタイトルをつけますか?」
「なぜ、そのタイトルなのですか?」
という2つの問い。
みなさんなら、どう考えますか!?

image

スマホを使って作品を撮影してみたり。
グループになって、撮影した写真を見せあったり。

image

「素敵!」「これいい!」などと言いあったり、真剣に説明しあったりする姿が、いつもとは違ってとても新鮮でした!

日常でもスマホを使って写真を撮ることがありますが、撮る人が意識をちょっと変えると、見え方も変わってきます。

講師の菊池さんは、「それぞれの本質にあるストーリーが聞こえてきたことが、とても良かった」との感想を。

一方、こどもたちはというと…

image

お気に入りの廃材を見つけたり、

image

友達と一緒に食べ物を作ったり、

image

歯を磨いていたり。

image

自分のやりたいことを見つけて、自由気ままに遊びに没頭していました!

“アート”ということを意識して日常を見てみると、普段は気づかないことがもっと見えてくる。

ぜひ、みなさんも親子で見つけてみてくださいね!

image

回を重ねるたびに厚みを増していくこの企画。
これからどんなシリーズになっていくのか、私たちもとても楽しみです!

 

ほうかご保育園の詳細・ご入園はこちら↓
http://kodomo-mirai-tankyu.com/houkago-hoikuen

こどもみらい探求社のHPはこちら↓
http://kodomo-mirai-tankyu.com/

この記事を書いた人

記事一覧

この記事を書いた人

保育士起業家:まい先生&めぐ先生

2人がプロデュースする様々な場で繰り広げられる、子どもたちのあそびの世界をどうぞお楽しみくださいね!
 
■こどもみらい探求社
http://kodomo-mirai-tankyu.com/
 
■園舎を持たないインターネット保育園「ほうかご保育園」
http://kodomo-mirai-tankyu.com/houkago-hoikuen
 

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!手の灰が移動する仰天ハロウィンマジック2017.10.31

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング